1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『アウステルリッツ(W・G・ゼーバルト (著), 鈴木 仁子 (翻訳))』 投票ページ

アウステルリッツ

  • 著者:W・G・ゼーバルト (著), 鈴木 仁子 (翻訳)
  • 出版社:白水社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2012/02/24
  • ISBNコード:9784560027349 9784560047675
  • 復刊リクエスト番号:54812

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

建築史家アウステルリッツは、帝国主義の遺物である駅舎、裁判所、要塞、病院、監獄の建物に興味をひかれ、ヨーロッパ諸都市を巡っている。そして、彼の話の聞き手であり、本書の語り手である〈私〉にむかって、博識を開陳する。それは近代における暴力と権力の歴史とも重なり合っていく。
歴史との対峙は、まぎれもなくアウステルリッツ自身の身にも起こっていた。彼は自分でもしかとわからない理由から、どこにいても、だれといても心の安らぎを得られなかった。彼も実は、戦禍により幼くして名前と故郷と言語を喪失した存在なのだ。自らの過去を探す旅を続けるアウステルリッツ。建物や風景を目にした瞬間に、フラッシュバックのようによみがえる、封印され、忘却された記憶……それは個人と歴史の深みへと降りていく旅だった……。
多くの写真を挿み、小説とも、エッセイとも、旅行記とも、回想録ともつかない、独自の世界が創造される。欧米で最高の賛辞を受けた、新世紀の傑作長編。

投票コメント

ゼーバルトの作品は和訳されたものは図書館で借りてほぼ読みました。それからしばらくたって、気になってまた読み返したくなり、いくつか借り出して再読しています。ゼーバルトによって解体され、紡ぎ出され、新たに創造されていく「歴史」というイリュージョンに何故となく惹かれます。翻訳の日本語はすばらしく、たいへんな訳業だと思います。他の品切れになっている作品も合わせて是非復刊してください。(因みに「アウステルリッツ」の改訳版は未読です。) (2017/11/28)

2

san

san

きちんとした図書館であれば置いてありますが、所有したいです。 (2018/09/22)

0

図書館で借りて読んで、手元に置いておきたいと思ったのにすでに絶版だったので。 (2018/07/26)

0

評価の高い本なのに手に入らない。復刊を渇望します。 (2018/03/03)

0

是非とも手元に持っておきたい作品です。 (2018/01/10)

0

もっと見る

新着投票コメント

中古が高い。 (2018/11/30)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/11/30
『アウステルリッツ』が10票に到達しました。
2012/02/24
『アウステルリッツ』(W・G・ゼーバルト (著), 鈴木 仁子 (翻訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

写真・写真集に関するQ&A

薔薇刑

敬愛する 三島由紀夫先生が 被写体になって 細江英公さんが 写真を撮った 本ですが どこの古書店でも 「SOLD OUT」 で、同じように 復刊されていても 英語バージョンだったり。...

TOPへ戻る