復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,400円以上で送料無料
9,900円(税込)

帝国日本の大陸政策と満洲国軍

及川琢英

帝国日本の大陸政策と満洲国軍

予価 9,900円(税込)

(本体価格 9,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

配送時期:2019/10/中旬

Tポイント:90ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:49 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

2019年10月以降発売の商品につき、10%の消費税率が適用されます。あらかじめご了承ください。
著者 及川琢英
出版社 吉川弘文館
判型 A5
頁数 320 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642038898

商品内容

帝国日本において、満洲国軍とはいかなる存在だったのか。
日露戦争期の馬賊ら在地勢力が、張作霖主導の奉天軍期を経て満洲国軍に組み込まれていく過程や、陸士留学生の役割、軍内統制の実態、徴兵制を規定した国兵法の意義、対外作戦への動員と崩壊までを検証。満洲国軍の歴史的意義を、日本植民地・占領地史、中国東北史に位置づけて考察する。

▼目次
序章 課題と視角
奉天在地勢力と日本―満洲国軍前史
--日露戦争期から辛亥革命期の奉天在地勢力―張作霖・馬賊・陸軍士官学校留学生
 --張作霖・馬賊と日露戦時特別任務班
 --張作霖の昇進と馬賊の清国官軍編入・日本人監督官の招聘
 --辛亥革命と張作霖・馮徳麟・陸軍士官学校留学生
--東三省支配期の奉天軍と陸軍士官学校留学生
 --張作霖による東三省掌握と奉天軍
 --奉天軍の南征と陸士留学八期生
 --奉天派の吉林・黒龍江省進出と陸士留学八期生
--満洲事変と満洲国軍の創設
 --張学良期の奉天軍
 --満洲事変と在地勢力の帰順
 --満洲国軍事顧問と「支那通」軍人 ほか
満洲国軍の発展と崩壊
--満洲国軍の発展と軍事顧問・日系軍官の満系統制
--満洲国軍の変化と国兵法
--満洲国軍の対外作戦と崩壊
終章 帝国日本の大陸政策と満洲国軍

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!