1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『予言文学の語る中世 聖徳太子未来記と野馬台詩(小峯和明)』 販売ページ

予言文学の語る中世 聖徳太子未来記と野馬台詩

予言文学の語る中世 聖徳太子未来記と野馬台詩

  • 著者: 小峯和明
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: A5
  • 頁数: 350 頁
  • ISBN: 9784642029520
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2019/03/下旬
  • 在庫数: 48 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 5,184 円 (税込)
    (本体価格 4,800 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 48ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

中世に未来記という名の予言書の一群があり、古代から近代まで続く歴史をもっていた。なかでも『聖徳太子未来記』や『野馬台詩』は、太子信仰の展開とともに国家の命運を占うものとなっていく。
中世社会のなかで未来記がどのように生成され、理解されてきたのか。アジア各地の事例にも触れつつ、時代ごとにその姿を変える予言文学の真髄を語る。

▼目次
I 『聖徳太子未来記』の生成
--『聖徳太子未来記』の生成 -もうひとつの歴史記述
--中世の未来記と注釈
--中世日本紀をめぐって -言説としての日本紀から未来記まで
--『聖徳太子未来記』と聖徳太子伝研究
--『聖徳太子未来記』とは何か
II 『野馬台詩』をめぐる
--未来記の射程
--『野馬台詩』注釈・拾穂
--『野馬台詩』とその物語を読む
--未来記の変貌と再生
--予言者・宝誌の変成 -東アジアを括る
III <予言文学>の世界
--御記文という名の未来記
--<予言文学>の視界 -過去と未来をつなぐ
--災害と〈予言文学〉
--<予言文学>の世界、世界の<予言文学>
--占いと予言をめぐる断章
付録 『野馬台詩』資料集成影印本

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/02/05
『予言文学の語る中世 聖徳太子未来記と野馬台詩』(小峯和明)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る