1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『近世駆込寺と紛争解決(佐藤孝之)』 販売ページ

近世駆込寺と紛争解決

近世駆込寺と紛争解決

  • 著者: 佐藤孝之
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: A5
  • 頁数: 190 頁
  • ISBN: 9784642034944
  • ジャンル: 専門書
  • 価格: 3,780 円 (税込)
    (本体価格 3,500 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

村で起こった紛争はどのように解決されたのか?
江戸時代、日本各地の村人は離婚のための縁切寺以外にも、盛んに寺社へ駆け込んだ。日常的に発生する紛争において、お詫びをさせたり、処罰を強いたり、極刑から救済したりと、お寺や神社は加害者と被害者を結ぶ巧みな調停役であった。
戦国時代に遡り、暮らしの古文書から「駆込」を読み解く。

▼目次
はじめに
--謝罪・謹慎の意思表示としての入寺
--処罰・制裁としての入寺
--救済・調停手段としての入寺
近世駆込寺の形成過程
--アジールの変容と駆込寺
 --日本におけるアジールの盛衰
 --アジールの変容と入寺 -近世駆込寺の形成
 --アジールと駆込寺 -結びにかえて ほか
--「山林」からさぐるアジールの変容
--近世における神社への駆込とその機能
--付論「篠(笹)を引く」ことの意味 -その近世的変容
近世村社会と入寺の諸相
--村の出火処理と火元入寺
--陸奥国守山藩における「欠入」と「入寺」
--上野国館林藩における入寺と寺訴訟
--成田山新勝寺にみる寺訴訟と仲裁活動
付論 松前藩における入寺と寺訴訟
結びにかえて

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/01/23
『近世駆込寺と紛争解決』(佐藤孝之)の注文を開始しました。

この商品は現在ご購入いただけません。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る