1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『江戸城御庭番 徳川将軍の耳と目(深井雅海)』 販売ページ

江戸城御庭番 徳川将軍の耳と目

江戸城御庭番 徳川将軍の耳と目

  • 著者: 深井雅海
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 220 頁
  • ISBN: 9784642067690
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2018/11/中旬
  • 在庫数: 34 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 2,376 円 (税込)
    (本体価格 2,200 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 22ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

徳川吉宗が創設し、幕府の隠密として知られる御庭番。将軍直属の情報収集機関で、老中以下の行政機構に対抗し、幕政の主導権を握る際の重要な手段として機能した。俗説を廃し確実な史料から活動の実態を解き明かす。

▼目次
まえがき
序 徳川監察政治と御庭番
I 御庭番の創設と御庭番家筋
-- 御庭番の創設〈徳川吉宗の将軍家相続と紀州藩士の幕臣団編入/御庭番の設置〉
-- 御庭番家筋〈御庭番十七家/別家九家/御庭番の種類と御庭番家筋の番入/御庭番の住居/幕末期の御庭番家筋〉
II 表向きの職務と内密の御用
-- 表向きの職務
-- 内密の御用
-- 江戸向地廻り御用と遠国御用
III 江戸向地廻り御用〈隠密機能の実態 1〉
-- 天明七年の江戸打ちこわしに関する風聞書
-- 政治批判に関する風聞書
-- 御三卿清水家に関する風聞書
-- 小普請組支配に関する風聞書
IV 遠国御用〈隠密機能の実態 2〉
-- 寛政八年の道中筋風聞書
-- 万延元年の薩摩藩探索日記
Ⅴ 御庭番の昇進
-- 御庭番の昇進コース
-- 諸大夫(五位)役への昇進
「御目見え」から見た徳川吉宗と大岡忠相の関係

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/10/04
『江戸城御庭番 徳川将軍の耳と目』(深井雅海)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る