1. TOP
  2. ショッピング
  3. 児童書・絵本
  4. 『しろいやさしいぞうのはなし(かこさとし)』 販売ページ

しろいやさしいぞうのはなし

しろいやさしいぞうのはなし

  • 著者: かこさとし
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型: 246×204mm・上製
  • 頁数: 24 頁
  • ISBN: 9784835453231
  • ジャンル: 児童書・絵本
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 1,728 円 (税込)
    (本体価格 1,600 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 16ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

かこさとし、「祝・卒寿」記念復刊!
実話をもとにした“ぞうの親子の感動物語”


絵本作家として絶大なる人気を誇る、かこさとし先生。2016年で90歳を迎えられます。
卒寿のお祝いに、かこ先生お気に入りのお話を緊急復刊いたします。

身体が弱くハンデを持った白い子象のシロちゃん。
ある日、象たちの村が火に包まれてしまいます。逃げ遅れるシロちゃんを守るため、お母さん象が命がけでしたことは…。
実話をもとにしたこのお話は、全国心身障害児福祉財団のジャンボ絵本として、今まで全国各地の子どもたちに親しまれてきました。ジャンボ絵本を見た子どもたちの「どうしても手元に置きたい」という声に応えて、このたび絵本としての復刊が実現いたしました。
かこ先生ご自身も、「とても気に入っている」とおっしゃる、象の親子の感動物語を、ぜひ親子で楽しんでください!

※本書は、1985年・偕成社刊『ぞうのむらのそんちょうさん』を改題、再編集して復刊するものです。



読後レビュー(1件)

  • 暖かな何かを残す絵本

    nemesis 2016/03/20

    ハンディキャップを持つしろちゃんを周りの子象たちがどう対応していいのか迷った時に、村長さんが言った「いろんな象が居て、それでいいのだよ」という内容の言葉に、人間社会も全く同じなのだと、心にしみました。

    そして、自分の命をかけてしろちゃんを守り切ったお母さん象の尊い愛情に、読み聞かせした保育園の子どもたちが涙しました。

    大火事の後の森の再生、その中で育っていくしろちゃんが群れのリーダーとして立派になっていく姿に子どもたちが「先生この絵本、心が暖かくなったよ。」という言葉をくれました。

    難しい説明よりも、優しい文と絵で子どもたちの心にすっと入ってくれる。素晴らしい絵本だと思います。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/01/25
『しろいやさしいぞうのはなし』(かこさとし)の注文を開始しました。

この商品は現在販売中です。

絵本に関するQ&A

絵本さがしています!キーワード:雲の上の男の子 / 鳥 / 海の底に住んでいる女の子

今から20~25年ほど前に、知り合いから頂いた絵本をさがしています。 うろ覚えなためキーワード程度になりますが、 登場人物は、雲の上に住んでいる男の子(王子?)と鳥(つばめ?)と海の底に住ん...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る