復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
1,980円(税込)

うさぎのパンやさんのいちにち

かこさとし

1,980円(税込)

(本体価格 1,800 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:18ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:3票
うさぎのパンやさんのいちにち
著者 かこさとし
出版社 復刊ドットコム
判型 A4
頁数 28 頁
ジャンル 児童書・絵本
ISBNコード 9784835457994

商品内容

かこさとしの「パンやさん」は、『からすのパンやさん』だけではなかった!
うさぎとパンがいっぱいのかわいい絵本。楽しいパンやさんの一日をのぞいてみよう!


かこさとしのパンやさん絵本は、何といっても『からすのパンやさん』ですが、実は、他にもパンやさん絵本があったのです。
本書は、かこ先生が実際のパン屋さんに行き、取材を重ねたうえで描かれた作品。「からす」とは、また違った味わいのかわいい絵本です。
お話は、パン工場の朝から始まります。パンがどのように作られ、お店に並び、子どもたちの給食として届けられるのか。夜、パン工場が眠りにつくまでの一日が、楽しい絵で描かれています。読むだけで社会科見学に行ったみたいな気分が味わえる一冊です。
美味しいパンが食べたくなること間違いなし。もしかしたら自分で作ってみたくなっちゃうかも!?
そんな人は、この絵本を見ながら、是非お母さんやお父さんとパン作りにトライしてみてください。

※本書は、2004年・ベネッセコーポレーション刊『うさぎのパンやさんのいちにち』を再編集し、新装復刊するものです。


復刊ドットコム公式チャンネル

『うさぎのパンやさんのいちにち』かこさとし

≪コンテストのお知らせ≫

かこさとし絵本復刊記念レビューコンテスト

絵本ためしよみサイト「絵本ナビ」にて、『うさぎのパンやさんのいちにち』『たろうがらす じろうがらす』ほか全5作品のレビューコンテストを実施中!
入賞者には、非売品のオリジナル賞品をプレゼント! ぜひご参加ください。
◆期間:2021年7月15日(木)~2021年8月11日(水)

詳しくは、コチラのサイトにてご確認ください
★こちらのコンテストは終了致しました。

かこさとし絵本復刊記念レビューコンテスト 入賞レビュー

見ているだけでも楽しく、お腹の空く1冊!

私もパン屋さんでの仕事の経験が有りますが、本当にすごく細かくパン屋の仕事の一日が描かれていて何だか懐かしくなりました。
この絵本はパンの大好きなうちの子達にとっては、パンが食べたくて仕方が無くなる絵本みたいです。パンの作り方まで紹介されていて何だかお得気分です。 この絵本の見どころは何と言ってもパン屋さんの一日なのは間違いないのですがいろいなパンがずらりと並び、本当に美味しそうなのですが知らないパンもいっぱいですごく気になってしまいました。パン屋さんで同じ名前のパンが有るか確かめてみないと!と思っています。
からすのパンやさんも子供の大好きな絵本のうちの1冊ですが、こちらのうさぎのパンやさんのいちにちは、また内容が全く違う感じで、両方とも大好きになったみたいです。
パンが大好きな子供達にとってはパンがどうやって作られてどうやって売られているのか等、一種の工場見学みたいで、特に小学生の子供にとってはそこが勉強になったみたいでした。「へぇー、こんなに忙しいんだぁ。」「すごい、こうやって作ってるんだね」等色々と言っていました。又、やはりパンを見ているとお腹が空いてしまうのか、読んでいる途中でいつも「お腹空いてきた!」と言っていました。
幼稚園の子はパン屋に並ぶパンと幼稚園に配られている可愛いパンが気になったみたいで、そのページばかり眺めていました。そしてお月様の中にウサギちゃんがパンを持っている絵を見付け、相当喜んでいました。
かこ先生のお話はどれも子供達を楽しませてくれるだけで無くて何かしら勉強にもなって凄く好きです。子供達もいつも楽しませてもらっています。 パンが大好きなお子さんなら絶対気に入ってくれる1冊だと思います。又、そうで無いお子さんでもパンってこうやって作られているんだね、等と一緒に読んであげるとパンに興味を持ってもらえるだけでなく、パンに関する知識が得られて勉強になる1冊だと思います。私の場合はコロナで外出を控えているのですが、読み終えるといつもパン屋さんに行きたくなってしまいます。
楽しくて、可愛らしくて、勉強にもなる1冊なのでとってもお勧めです。
ピンクちゃんさん(絵本ナビより)

キャリア教育!

パン屋さんの工場見学。小麦粉からパンをつくり、みるみるうちにおいしそうなパンがどんどんできていきます。
パン屋さんに行ったとき、たくさんのパンが並んでいることにとてもワクワクするけれど、そのワクワクのためには、この数多くの種類を全部作り出しているのかと驚きます。お客さんの来る時間帯に応じて、並べるパンを変えているのとか、普段の生活ではなかなか気づかない働く人の工夫や苦労を、数枚の絵から学べるからすごい。立派なキャリア教育ですね。
みっとーさん(絵本ナビより)

おいしいパンがいっぱい

うさぎのパン屋さんのいちにちが、こまかく描かれていて、とても楽しいです。いろいろなパンは、こんなふうに作られているんですね。お店にならんでいるパンの種類が多くて、びっくり。パンの名前もしっかり書いています。私もおいしそうなパンを選んでみました。パンをつくっているうさぎも、お客さんのうさぎも、子どものうさぎたちも、みんなうれしそうな顔をしているのが、いいですね。ページをめくるたび、香ばしい香りがしてきそうでした。
どくだみ茶さん(絵本ナビより)

うさぎ好きパン好きにはたまらない!

3歳の我が子は、大きくなったら うさぎ になりたいほどのうさぎ好き。そして、毎朝パンが食べたいほどのパン好きでもあります。そんな子どもにとっては、まさに夢のような一冊!
大好きなうさぎが営むパンやさんを一日密着して見学しているかのようです。

工場の最初のページは、「パンやさんは あさ まだ くらいうちに おきて パンをつくる こうばで しごとを はじめます」から始まります。
子どもはこれを聞いて、「なんで くらいうちに つくるの?」と、とても興味津々でした。
色々な機械や手作業を見ていくうちに、「わかった!美味しいパンを作るには時間がかかるんだ!」と、子どもなりに答えを出していました。
それからは、朝にお店に並ぶパン、昼に並ぶパン、夕方に並ぶパンと、時間帯により種類が変わるパンを見て大興奮!!
大人の私が見ても、聞いたことのないパンがあり、「これは何かな?」、「このパン食べたい! やっぱり、ぜ~んぶ食べたい!」と、親子の会話も広がります。

最後は、ちゃんとお片付けのシーンまで描かれ、パン作りに対するうさぎさんたちの姿勢も伝わりました。登場したうさぎちゃんパンや、かにちゃんパンの作り方もあり、今度は自分がうさぎのパンやさんになることもできて、とても充実した一冊でした。復刊に感謝です!
うさぎのタンタンさん(絵本ナビより)

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全2件

  • からすのパンやさん以外にも。

    かこさとしさんの作品はいくつも読んでいましたが、名作のからすのパンやさん以外にもパン屋さんの話があることをこのサイトで初めて知りました。
    こちらの本はうさぎさんたちがパンを作り上げる工程をていねいに書き上げられています。パンの種類も豊富で子どもたちが「このパン食べたいな」「つくってみたいな」なんて盛り上がるのかなと思います。 (2021/06/13)

    GOOD!0
  • 今度は「工場」のパン屋さん

    「からすのパンやさん」は知っていたのですがこちらは知りませんでした。
    復刊情報で見かけて購入してみたのですがこちらもかわいい。
    「からす」は家族経営、「うさぎ」は工場という企業経営ですね。
    どうやって作られているのかイラスト付きでとってもかわいらしく、お勉強になると思います。 (2021/03/29)

    GOOD!1
  • レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全3件

  • かこ先生の本。
    是非読んでみたいです。 (2021/02/05)
    GOOD!0
  • イラストが可愛くて、読みたいと思いました。
    中古では売っていますが、新品で読みたいです。 (2018/01/24)
    GOOD!0
  • かこさとしさんの「パンやさん」と言えば、
    「からすのパンやさん」ですが、
    この「うさぎのパンやさんのいちにち」も良いです。
    個人的には、
    うさぎの方が可愛くて癒されます。
    これはシリーズではなく、この1冊だけなのですが。
    私がこの本を知ったのは、
    カフェに置いてあったのを読んだことから です。
    2004年発売ということです。
    新品で手元に欲しいので、復刊を希望します。 (2018/01/18)
    GOOD!1

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!