復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

新版 KATAN DOLL

天野可淡 吉田良

3,080円(税込)

(本体価格 2,800 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:28ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

得票数:407票
Katan doll
著者 天野可淡 吉田良
出版社 エディシオン・トレヴィル
判型 A5 ハード
頁数 80 頁
ジャンル 専門書

商品内容

天野可淡は1990年11月1日、交通事故により37歳の若さで突然この世を去るまで、独自の人形美学に裏打ちされた数百体の作品を精力的に産み出しながら80年代を疾走した不世出のドールアーティストである。

美しさと不気味さが同居する特異な相貌の人形たちが放つオーラは、80年代はじめから人形展を通じ徐々に熱狂的なファンを獲得し続けていった。さらに80年代後半から制作された球体関節人形群は、パートナーでもあったドールアーティスト吉田良一(現・吉田良)によってあらたに写真という舞台を与えられ、1989年、初の作品集『KATAN DOLL』として出版されると、その人気は、幻想的・耽美的な写真表現ともあいまって人形界の枠を越えさらに幅広いファン層にまで広がり、天野可淡の名を多くの人々の記憶に刻み込むことになった。

「カタン・ドール」という名称は、天野可淡、吉田良一、トレヴィル編集部が協議しこの作品集のために考案した題名だったが、以後、天野可淡の創作人形および吉田=可淡が創造した人形写真作品をさすことばになった。

本書は久しく絶版となっていた伝説のドールアーティスト代表作品集『KATAN DOLL』の待望の新装・復刻版である。


◆初版本との違い

『KATANDOLL』と第二作品集『KATAN DOLL fantasm』の二冊は、天野可淡、吉田良一が直接作品の選択や構成にも関与した。
したがって故人の制作意図に配慮し、基本的に旧版の写真構成と小型判ハードカバーの写真集で、という当時の可淡氏の希望を踏襲した。
他方、吉田氏と協議の上、旧版の四六判フォーマットでは写真のレイアウトが小さいことからA5判にサイズアップをはかり図版の拡大や写真の再現性の向上など新版での改善点も指摘され、最新の印刷製版技術を活かした写真図版の新規スキャニングを選択することにした。

ただし問題点も存在する。
吉田氏が保管するオリジナル・ポジが各巻数点逸失しており、残念ながら完全同一の写真構成は断念せざるをえなかったことだ。
これに対しては別カットを用意し、また図版の増補頁を設けることにし、人形作品を多角的に鑑賞できるよう配慮した。実際制作コストの面から当時頁数を64頁に抑えていた事実もあり(『fantasmは74頁』)、今回2冊とも80頁まで拡張した。

天野可淡エッセイはいずれも再録。また旧版では収録されていなかった協同制作者であり撮影者であった吉田氏に当時をふりかえったエッセイを2冊にわたるかたちで寄稿していただいた。

デザインは天野氏のご遺族らの希望からミルキィ・イソベ氏を指名、あらたな装幀を纏う。








関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

全1件

  • 運命は哀しい 魂は寂しい

    時空を超え永久、永遠に幽閉されたページをめくるたびに細かい金粉のような光の粒がせつないメロディを奏でる・・・そんな本です。それは、たぶんひた走る血とヘロインのめくるめく世界へのDoorかも・・・ (2011/03/23)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全406件

  • 一度復刊したようなのですが
    見逃していた(まだ興味が無かった)ので。 (2014/04/22)
    GOOD!0
  • 球体人形には前々から興味があったので、復刊されたら是非購入したい。 (2012/09/12)
    GOOD!0
  • 可淡ドールが好きだが、現在可淡ドールの本はすべて絶版しているし、可淡ドールを見られる機会も少ないから。 (2007/06/10)
    GOOD!0
  • 少女は実在しない抽象物なのです。 (2007/06/08)
    GOOD!0
  • 彼の作品は見ておきたい (2007/05/29)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!