1. TOP
  2. 最新の復刊投票コメント(培風館)

最新の復刊投票コメント(培風館)

全35 件

業界関係者にとっては、必須の専門書が廃刊となるのは好ましくない。技能伝承や知識の伝承のためにも継続的に出版したほうがいい。 (2019/01/15)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

業界関係者にとっては、必須の専門書が廃刊となるのは好ましくない。技能伝承や知識の伝承のためにも継続的に出版したほうがいい。 (2019/01/15)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

会社で流動層を使用しているから。 (2019/01/15)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

流動層運転に携わっているから。 (2019/01/15)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

仕事上必要だが入手ができない (2019/01/15)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

仕事上どうしても必要となるが、入手できなくなっている。 (2019/01/15)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

流動層を利用した操業を行っている事業所はまだ多くあり、産業の基幹を担っている。 技術教育・継承のためにも必要な図書と考える。 (2019/01/15)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

流動層を利用して操業を行っている事業所はまだ多くあり、技術教育・継承のためにも貴重な文献である。 (2019/01/15)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

m

m

本書は1984年刊であるが、その内容は不朽のものであり、今なお、化学、機械、エネルギー、環境、材料、製薬等幅広い分野の技術関係者、研究者に有用であるが、絶版となっていて入手困難なため。 (2019/01/07)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

m

m

本書は、流動層分野の我が国におけるもっとも包括的な専門書であり、世界的にもその内容は、今なお先端的である。流動層は、薬剤の製剤、石油精製、火力発電、ごみ発電、下水汚泥焼却、シリコン製造、塩ビ製造、アクリル樹脂製造、金属の還元等々きわめて広い分野をカバーしており、今後さらに医療福祉分野にも展開する兆しもある。1999年間の本書の潜在的読者はかなりあると推定する。出版は電子的なものでもよい。 (2019/01/07)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

業務のため (2019/01/07)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

数学系の学部で学ぶ幾何学全般の内容を1冊で学べる貴重な書と聞いたので読んでみたい。この本を薦めている数学者の方々は何人もいらっしゃるようですし、復刊すれば需要はかなりあると思います。 (2018/12/29)

トポロジーと幾何学入門
【著者】I.M. シンガー (著), J.A. ソープ (著)

tt

tt

流動層における反応性を定量的に検討する上で、貴重な資料のため (2018/12/28)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

tt

tt

まさに、流動層を理解する上での教科書で、工業的に極めて有用だが、
現在保有しているものが、ボロボロになっているので、復刊を強く希望します。 (2018/12/28)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

Maxwell方程式から、相対論、輻射の問題など、動的な現象の解析を行っていくうえで必要な知識を習得できる。一方で、.Kirchhoff-Huygensの定理など、波動の基礎理論にも触れられており、電磁現象を基礎から見通しよく理解できる視点を与えてくれる貴重な本である。 (2018/12/26)

電気力学
【著者】平川浩正

本書は、電磁気学を本格的に学ぶ上で標準的になる事項を、簡潔かつ丁寧にまとめている。導体や誘電体中の電場の取り扱いが丁寧で、そこで抑えておくべき代表的な例題なども載っており、これをとっかかりにして電磁気学を深めていくことができる。全体構成として、Maxwell方程式を理解するための電磁気現象を順番に挙げまとめ上げらており、最後に全体を俯瞰してみると、基礎からがっちり汲み上げられている様子がよくわかる。さらに、進んだ内容については、同氏の電磁力学(培風館)に譲られているが、この電磁気学を学ぶ礎となるこの本の復刊を強く希望する。大学院や大学編入への入試対策の基礎としても十分活用できる。 (2018/12/26)

電磁気学 (新物理学シリーズ 2)
【著者】平川浩正

流動層の業界で参考書としてよく紹介されるが古書でも手に入らないので復刊させてほしい。 (2018/12/25)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

業務上、最も参考にしたい専門書の一つです。古書でも手に入らないので復刊させてほしいです。 (2018/12/25)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

解析力学を豊富な例を示して説明してあるというので、具体的に実感しながら読める本としてぜひ手元においておきたい。また、図書館にも入荷してもらって、学生にも読ませたい本である。 (2018/12/22)

解析力学(新物理学シリーズ)
【著者】江沢洋

流動層技術を俯瞰できる書籍がなく,復刊を希望する。 (2018/12/21)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

工業的に有効なのに専門書がすくない (2018/12/21)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

kzy

kzy

絶版の上、古書でもみつけられず、ぜひ再版していただきたい。 (2018/12/21)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

kzy

kzy

絶版の上、古書でもみつけられず、ぜひ再版していただきたい。 (2018/12/21)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

炉に携わる仕事で基礎的な知識が欲しいから (2018/12/21)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

炉に携わる仕事で基礎的な知識が欲しいから (2018/12/21)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

業務上必要のため
また、中古を探しても見つからないため (2018/12/21)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

必要だから。 (2018/12/21)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

業務で流動層を研究している人が増えて、新規購入をするために、問い合わせたことがあるために復刻を希望する。 (2018/12/21)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

貴重な本なので、是非復刊してください (2018/12/21)

流動層の反応工学(ケミカルエンジニアリング・シリーズ 8)
【著者】鞭巌 森滋勝 堀尾正靱共著

非常に有用な本なので、是非復刊してください (2018/12/21)

流動層ハンドブック
【著者】日本粉体工業技術協会 (編)堀尾正靱 (監修)森 滋勝 (監修)

全35 件

TOPへ戻る