復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

著者「ブルバキ」 復刊リクエスト一覧

ショッピング3件

復刊リクエスト16件

  • ブルバキ数学原論

    ブルバキ数学原論

    【著者】ブルバキ

    投票数:121

    ぜひ読んでおきたい本です。東京図書はこういった本を出版されていて素晴らしいと思う。CRラオの「統計的推測とその応用」、クラメールの「統計学の数学的基礎」など、名著であるが大著なものを出版されて... (2002/08/18)

    投票ページへ

  • 初学者のための整数論
    復刊商品あり

    初学者のための整数論

    【著者】A・ヴェイユ

    投票数:17

    新潮クレストブックスの『素数の音楽』を読み、現代数学に興味を持ちました。 岩波の『フェルマーの最終定理』や上掲書など、物語的な糖衣をまぶした数学史本をきっかけに数学に興味を持つ人は多いと思う... (2003/12/16)

    投票ページへ

  • ブルバキ数学史

    ブルバキ数学史

    【著者】ブルバキ

    投票数:15

    ついに筑摩書房版も絶版となってしまったブルバキの数学史であるが、これはもともと数学原論各巻の巻末にのせられているhistrical sketchがもととなって、各巻のそれを一つにまとめあげたも... (2002/10/05)

    投票ページへ

  • 物理数学の方法

    物理数学の方法

    【著者】L.シュワルツ

    投票数:7

    偏微分方程式は勿論のこと,Newtonの運動方程式などの常微分方程式をうまく扱うには超関数が絶対に必要です.それに点電荷などの存在を素直に表すには超関数が必要です.L.シュワルツのもともとの「... (2004/08/18)

    投票ページへ




  • 現代解析の基礎1・2、現代解析(函数解析)3・4

    【著者】ジャン・ディユドネ 著 / 森毅 訳

    投票数:6

    世界的名著の貴重な翻訳が絶版とは、嘆かわしい限りです。是非とも復刊を願います。しかし、ここの出版社は、物理学のランダウ・シリーズといい、どうしたものか…? (2012/12/09)

    投票ページへ




  • 現代微積分学(1・2)

    【著者】ラング

    投票数:6

    『解析入門』と『現代の解析学』との中間の位置? (2009/04/30)

    投票ページへ

  • 現代の解析学

    現代の解析学

    【著者】ラング

    投票数:6

    twa

    twa

    勉強のため (2009/04/30)

    投票ページへ




  • 外微分形式の理論―積分不変式

    【著者】カルタン

    投票数:6

    日本語訳で読みたいので。 (2008/03/06)

    投票ページへ




  • 確率と確実性

    【著者】エミール・ボレル著 弥永昌吉・高橋礼司共訳

    投票数:5

    kk

    kk

    確率の書籍の基本文献 復刊希望 (2006/05/02)

    投票ページへ

  • 超函数の理論
    復刊商品あり

    超函数の理論

    【著者】L.シュワルツ

    投票数:4

    ryo

    ryo

    超関数は偏微分方程式の解析をする上で非常に重要であるにも関わらず、超関数の理論そのものを扱った本は極めて少ない。それらの本の中で『超函数の理論』は史上稀に見る良書であり、超関数を本格的に勉強す... (2006/05/21)

    投票ページへ




  • 現代代数の基礎 1,2

    【著者】C.シュヴァレー

    投票数:4

    . (2004/05/19)

    投票ページへ

  • 解析学(1~7)

    解析学(1~7)

    【著者】シュヴァルツ

    投票数:3

    『数学原論』よりは通読しやすい? (2009/05/01)

    投票ページへ

  • 線形代数学
    復刊商品あり

    線形代数学

    【著者】ラング

    投票数:3

    付録として、群論や凸集合論を収録。 (2009/04/30)

    投票ページへ




  • 無限小解析

    【著者】ディユドネ著、丸山 滋弥、 麻嶋 格次郎 訳

    投票数:2

    無限小解析学といえば実数の概念が形成されるにつれ消滅したが、20世紀に解析学や論理学の道具をもって蘇った概念だ。解析学の歴史上、初期のころは極限概念を無限小でやっていても問題なかったが、19世... (2012/12/09)

    投票ページへ

  • 素数

    素数

    【著者】エミール・ボレル

    投票数:1

    有名な人の本だから (2012/02/02)

    投票ページへ




  • 一般集合論

    【著者】エミール・ボレル

    投票数:1

    有名な人の本だから (2012/02/02)

    投票ページへ

カテゴリで探す

検索されている人気キーワード

キーワード一覧へ

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!