1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『無限小解析(ディユドネ著、丸山 滋弥、 麻嶋 格次郎 訳)』 投票ページ

無限小解析

  • 著者:ディユドネ著、丸山 滋弥、 麻嶋 格次郎 訳
  • 出版社:東京図書
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2012/12/09
  • 復刊リクエスト番号:56612

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ブルバキの創立者であるデュドネによる無限小解析学の入門書。

投票コメント

これは所謂,超準解析の本ではありません.前のリクエスト投票者の方が仰っているような,超準解析をブルバキ一派の一人が書いた本というのではありません.ブルバキの数学はとてもとても抽象的だと言われますが,この本は,それが真実ではないことを,ブルバキの代表者の一人であるディユドネ先生が示した本だと思います.現代数学は抽象的に存在している訳ではなくて,昔からの具体的な問題意識の中で成長した姿であることを見せてくれます.その意味を込めて,この本の題名を無限小解析と名付けたのだと思われます.大学教養の微分積分が道具の説明であるなら,この本はその次の段階の道具の活用方法を示しています.これだけでも有用な本だと思いますが,さらにそれを,知識量が非常に高いと言われていた大ディユドネ先生が書いているのですから,貴重な本でもあると思います. (2014/08/30)

1

無限小解析学といえば実数の概念が形成されるにつれ消滅したが、20世紀に解析学や論理学の道具をもって蘇った概念だ。解析学の歴史上、初期のころは極限概念を無限小でやっていても問題なかったが、19世紀から20世紀にかけて厳密なる基礎のもとに築かれるにしたがって消滅していった。 ブルバキというそういう厳密な数学を作った人間が、あえて主流から外れている無限小解析的手法の著書を執筆したというところにこそ、まさに本書の意義がるといえよう。 (2012/12/09)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/12/09
『無限小解析』(ディユドネ著、丸山 滋弥、 麻嶋 格次郎 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

科学・技術に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

TOPへ戻る