復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

137

投票する

トリストラム・シャンディ全3巻岩波文庫

トリストラム・シャンディ全3巻岩波文庫

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 137

著者 ロレンス・スターン
出版社 岩波書店
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784003221211 9784003221228 9784003221235
登録日 2002/04/21
リクエストNo. 9154

リクエスト内容

とりとめなく進行していくちょっと変わった面白い小説。古典。「くすっ」と笑える場面の連続。夏目漱石も絶賛しています!セイヤーズのミステリにも出てきますし、万人必読の書だと思います。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全137件

  • わたくしはかろうじて古本屋で入手して読みましたが、妙齢のご婦人に「あら、私も読んでみたいわ」と言われたとき、この黄変を通り越して茶変に至ったような書物をお渡しできるでしょうか。その白魚のような指がシミの浮いた酸性紙のページをめくることなど、想像するだに罪悪です。そうです。もはや復刊しかありません。 (2003/09/26)
    GOOD!2
  • 電子書籍化されていることもあって、この本の復刊を希望するのに強い動因は本来ないような気もするのだが、こういう古式ゆかしい小説は折角だし紙の本で読んでみたいという人は多いと思う。
    (これが無理というなら、どうも久しく復刊されていない様子のセンチメンタルジャーニーの方を。
    欲を言えば、メレディスの『エゴイスト』の翻訳も復刊して欲しい) (2020/12/23)
    GOOD!1
  • いわゆる"意識の流れ"派小説の先駆的著作とされており、文学史上多大な価値を持つのはもちろん、純粋な面白さに関しても、古今東西の名作に引けを取りません。私は原語版と岩波文庫の翻訳を両方読んだことがあるのですが、朱牟田氏の訳の巧みさや、原典の独特な構成の再現度の高さには驚かされました。日本における英文学研究においても重大な地位を占めている作品でもあると思うので、是非復刊していただきたいです。 (2020/10/28)
    GOOD!1
  • 夏目漱石がなまこのようだ、と評している作品。しかし、これを原書で読むのはハードルが高すぎるので、ぜひ復刊を。新訳が出ることはこのご時世期待するべくもないし、朱牟田さんは英文学研究の泰斗だった人なので、きっとこの翻訳はすぐれたものだと思います。 (2017/02/24)
    GOOD!1
  • 昔、高校生のころ、『感傷旅行』を読んで惹きつけられました。半分しか理解できていないと自覚し、もっと大人になってもう一度と思ったのですが、その後、いくら探してもみつかりません。そのうち、トリストラム・シャンデイの存在を知ったわけです。とても面白そうなので、早く読みたくてたまりません。 (2005/05/05)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2006/10/24
    『トリストラム・シャンディ 上』販売開始しました!

  • 2006/05/23
    復刊!ロレンス・スターン著/朱牟田夏雄訳『トリストラム・シャンディ』

  • 2004/04/25
    『トリストラム・シャンディ全3巻岩波文庫』が規定数に到達しました。

  • 2002/04/21
    『トリストラム・シャンディ全3巻岩波文庫』(ロレンス・スターン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

  • 2004/05/18
    この本は出版社へ復刊希望のメール連絡済みです。
    実際に交渉した際には改めましてご連絡します。

  • 2004/04/25
    交渉情報はもうしばらくお待ちください。
    公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!