1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『5五の龍(つのだじろう)』 投票ページ

5五の龍

得票数
41票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

これ以上の将棋漫画は今後もでない、という人がいるほどの漫画。
これがプロをめざすきっかけになった棋士もいるという。
「ヒカルの碁」で将棋が押され気味の今、この本が手にはいらないのは
将棋界にとって大きな損失と思います。

投票コメント

そうそう、将棋ファンでこのマンガを知らないひとがいたらモグリだ、とまでは言わないけど、今現在30代後半以上の年齢の将棋ファンなら、多かれ少なかれこのマンガの影響を受けているハズ。ちなみに小生47歳です(~~;)。 (2006/09/09)

1

この本が出版されていた頃、将棋の世界に興味を持った人たちが、現在の将棋界を背負っています。現在名人の森内さんも、また四冠の羽生さんも、しかりです。 この後も将棋を題材にした漫画が数多くでましたが、この漫画を超える内容(ストーリーだけでなく、将棋の内容も)のものはいまだにありません。 なにしろ、現在隆盛を誇っているゴキゲン中飛車の原型を、この本の主人公である駒形龍が得意戦法にしているのですから驚きです。 これほどの名著はぜひ復刊させる必要があります。 (2005/03/04)

1

将棋漫画の最高峰とも言える作品。 アマとプロの違い、男性棋士と女流棋士の違い、真剣師のこと、 奨励会の制度、駒落ちの大切さ、将棋に対する心構え…など この本を読めば全て分かります。 一応全巻持ってはいるのですが、大変面白い作品なので一票を 投じました。 (2005/03/01)

1

作者が凝り性なのでかなり密度の高い漫画だと思います。 私は過去に新潮社から出た分厚い全二巻のタイプの本で 読みましたし、実はまだ持っています。 この漫画に限っては将棋連盟が版権を買って自分のとこで 販売してもいいのではないかと思うくらいの素晴らしい 本です。 特に、これから奨励会を目指そうなんて生意気な、いやとても 立派なことを考えている少年少女棋士は是非読みなさい! (2002/12/10)

1

読みたい (2018/11/24)

0

もっと見る

新着投票コメント

名前しか知らないので読んでみたいです (2019/02/13)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(2件)

  • 5五の龍はぜひ読みたい

    クック 2013/11/22

    5五の龍は最初の本格的な将棋漫画と言える本です。田中寅彦九段が監修していたマンガで、どうすればプロになれるのか、将棋界とはどういうところなのかが分かる内容です。

    実際この漫画が連載されていた時、将棋界に入りたいという少年が増えたということです。

    将棋の実力がないのに、プロになりたいという子供が出たくらい影響力のある漫画です。

    将棋はもちろん、将棋界の仕組みなども分かるので、将棋に関心のある人はもちろん、将棋に興味のない人でも読める内容です。

    この漫画で将棋に、将棋界に興味を持って欲しいと思います。

    0

  • 将棋漫画は面白い

    アッシャー 2013/01/19

    一手一手真剣に読み直してしまいます。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/04/01
『5五の龍』(つのだじろう)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

TOPへ戻る