復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

読むことのアレゴリー――ルソー、ニーチェ、リルケ、プルーストにおける比喩的言語

読むことのアレゴリー――ルソー、ニーチェ、リルケ、プルーストにおける比喩的言語

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 ポール・ド・マン (著), Paul de Man (原著), 土田 知則 (翻訳)
出版社 岩波書店
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784000254632
登録日 2021/07/13
リクエストNo. 71493

リクエスト内容

批評界に大きな衝撃を与え、文学批評ばかりか哲学・思想の領域に深い影響を与えた「イェール学派」の領袖ポール・ド・マン(1919─83年)。その主著にして、現代批評理論・現代思想の領域に聳え立つ一大金字塔である本書は、長らく邦訳が待ち望まれていた一冊である。原著刊行から30年以上を経て、ついに完訳なる。

内容(「BOOK」データベースより)
「脱構築批評」と呼ばれる独自のテクスト読解を実践し、文学研究ばかりか哲学・思想の領域に深い影響を与えたポール・ド・マン。決定的な重要性をもつその主著が、原著刊行より30年以上の時を経て、ついに日本の読者の前で全貌を明らかにする。不滅の主著、ついに完訳。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ド・マン,ポール
1919年、アントワープ(ベルギー)生まれ。ブリュッセル自由大学で工学と化学を専攻する傍ら、哲学・文学を学ぶ。第2次世界大戦後、アメリカ合衆国に移住し、1960年にはハーヴァード大学でPh.D.を取得(比較文学)。コーネル大学、チューリヒ大学、ジョンズ・ホプキンス大学などで教鞭をとったあと、1970年以後はイェール大学教授を務める。1983年没

土田/知則
1956年、長野県生まれ。1987年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、千葉大学文学部教授。専門はフランス文学・文学理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 重要な著作であるが長らく品切れで古書店等で高騰している。SNS等でも重版を望む声を度々耳にする。 (2021/07/13)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2021/07/13
    『読むことのアレゴリー――ルソー、ニーチェ、リルケ、プルーストにおける比喩的言語』(ポール・ド・マン (著), Paul de Man (原著), 土田 知則 (翻訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!