復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

届かなかった手紙

届かなかった手紙

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

著者 クレスマン・テイラー
出版社 文藝春秋
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784163199504
登録日 2019/10/14
リクエストNo. 68857

リクエスト内容

恐ろしい小説だ。ページをめくるにつれ、引き込まれつつ何度も身震いした。小手先のホラー小説など足元にも及ばない。ここに描かれているのは、私たちがいつ陥ってもおかしくない狂気であり、戦争である。

本書は1930年代前半にサンフランシスコとミュンヘンに住む親友の間で交わされた、20通たらずの手紙による書簡体小説である。2人はアメリカで画廊を経営し、成功を収めた。そしてユダヤ人のほうがアメリカに残り、ドイツ人が帰国したところから物語は始まる。30年代前半のドイツは、第一次大戦の賠償金やマルクの大暴落などで不況にあえいでいた。銀行は支払い不能になり、人々は屈辱と絶望に苦しんでいた。そこに登場したのがヒットラーである。本書には、政治についての細かい記述はない。しかし、一連の手紙を通じてナチズムが台頭してゆく時代の空気が、鮮やかに描き出されている。

初出は38年9~10月号のストーリー誌で、翌年に単行本が出版され、当時としては破格の部数を売ったという。『届かない手紙』が再び脚光を浴びたのは、「ストーリー」が92年夏号にも掲載し、大反響を呼んだからだ。本書が世代や国境を越えて、大きく訴える力を持っている理由は2つあるだろう。ひとつは国家が絶望から熱狂を経て、戦争にいたる過程を書きとめた貴重な資料であること。もうひとつは、良識ある個人の精神が集団的狂気に取り込まれてゆく悲劇を描き出した点である。書簡体という形式により、これらを巧妙に表現した本書は、まさに「完成した小説」である。(齋藤聡海)

内容紹介
ミュンヘンとサンフランシスコのあいだで交わされたわずか二十通たらずの手紙が、二十世紀最大の悲劇を克明かつ直截に描きだす!
内容(「BOOK」データベースより)
ミュンヘンとサンフランシスコのあいだで交わされたわずか二十通たらずの手紙が、二十世紀最大の悲劇を克明かつ直截に描きだす。
内容(「MARC」データベースより)
わずか20通たらずの手紙が物語る20世紀最大の悲劇。現実の出来事から着想を得、実際に書かれた手紙をもとにした「ナチズムへの起訴状」。『ストーリー』誌に掲載され、欧米で大ベストセラーとなったものを単行本化。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • ナチスに翻弄された人々を書簡のやりとりの形で描いた名作。舞台化され原作を探したが翻訳本は古本が高騰し電子書籍もない。広く知られてほしい作品。 (2019/10/30)
    GOOD!0
  • 戦争の痛みの記憶を後世に残す貴重な資料です。是非今の時代に復刊をお願いします。 (2019/10/14)
    GOOD!0
  • 舞台で人気のある作品になっており
    昨年、今年と再演されている
    是非原作を読みたいと思っても絶版のため手に入らない、電子書籍化もされていないため (2019/10/14)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2019/10/14
    『届かなかった手紙』(クレスマン・テイラー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!