1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『入江麻木のお菓子とテーブル(入江麻木)』 投票ページ

入江麻木のお菓子とテーブル

  • 著者:入江麻木
  • 出版社:光文社
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/11/08
  • ISBNコード:9784334900175
  • 復刊リクエスト番号:6436

得票数
138票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ロシア貴族の末裔に嫁いだ著者が家庭において
学んだお菓子の数々を華麗に披露しています。
作り方も丁寧、写真は綺麗。是非手元におきたい1冊です。

投票コメント

入江さんの本は、発売された当時も高価でスペシャル感があり、今すぐには買えないけれど、いつかは買いたいなあと憧れるものばかりでした。 その、いつかを楽しみにしているうちに、絶版となってしまい、 中古本市場を探しても手に入りにくいですね。 それだけ、持っていらっしゃる方が手元で大切にしているからだと思います。 日々、たくさんの製菓本が出版されていますが、入江さんの本は時代を超えて読み継がれていく本ではないでしょうか。 復刊を切に願ってやみません。 (2011/06/03)

1

べつのところで手に入れた入江さんのクレープのレシピをつくってみましたら、いままでたべたクレープよりもずっとおいしい物ができました。 たべる人の笑顔のために作られたような丁寧でおいしいレシピ。だれかに作ってあげたいとか、一緒にだれかと楽しみたい。という人は多いはず。 ぜひ復刊してください。 (2009/07/13)

1

子供の頃、母が入江麻木さんの『パーティーをしませんか』が愛読書で、 私もわくわくしながら絵本代わりに読んでいたものです。 あれから30年近い月日が流れ、料理の腕はさっぱりですが、 素敵な料理に対する夢の原型として心に強く刻まれています。 出来ることなら、既刊のものは全て復刊してほしい勢いです。 (2009/02/25)

1

お菓子が芸術の粋でありながら、家庭的な温かみのある物に仕上がっており、素晴らしいです。 暖かさと柔らかさが伝わるようなエッセイも、思い出したかのように織り込んで有り、ファンの方には是非、見て頂きたい1冊です。 (2009/02/25)

1

「女性の品格」などという本を読まずとも、入江麻木さんの美しいお菓子やお料理を作っていると、女性として、人間として成熟度が上がっていくと思う。たびかさなる引越しのうちになくしてしまったこの本、ぜひ復刊して欲しいと思います。 (2008/10/30)

1

もっと見る

新着投票コメント

お菓子のレシピ本を検索していて興味を持ちました。 評価が高いので、ぜひ読んでみたいです。 (2017/04/08)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/03/14
『入江麻木のお菓子とテーブル』が規定数に到達しました。
2001/11/08
『入江麻木のお菓子とテーブル』(入江麻木)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2009/08/24
「入江麻木のお菓子とテーブル」「秘伝少林寺拳法」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認

復刊の可能性をご検討いただけるよう、関係各所へ改めてお願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
2009/07/24
「入江麻木のお菓子とテーブル」「秘伝少林寺拳法」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
2006/03/14
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

お菓子に関するQ&A

子ども向けの料理とかお菓子の本を探しています。

小学校か中学校の図書館で読んだ本です。 子供向けというのは、イラストなどの感じからなので不確かです。 タイトルも出版社もわかりません。 覚えていること ・2000年より前の本。読んだ時期がそ...

TOPへ戻る