復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

17

投票する

摂大乗論 和訳と注解 上・下

摂大乗論 和訳と注解 上・下

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 17

著者 長尾雅人
出版社 講談社 (インド古典叢書)
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784061437821 9784061437845
登録日 2008/04/16
リクエストNo. 41796

リクエスト内容

インド大乗仏教、瑜伽行唯識派にとって極めて重要な論書である本書は、四種の漢訳とチベット訳を総合して和訳されたものである。和訳だけでなく、詳細な注解が付され、巻末には還元梵語をも収載している。本文には、漢訳と書き下し文も併載され、比較対照の便宜も図られている。前半部分(上巻)では、唯識思想の中心概念であるアーラヤ識と三性説が論じられている。後半部分(下巻)では、実践論、仏身説が論じられる。”大乗を該摂する論”というタイトルが示すように、唯識説を中心にして体系的にまとめられた大乗仏教概論となっている。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全17件

  • 唯識の理解の為の最重要の図書の一つであり、仏教書の和訳研究としても名著である。このような書物を刊行し続けることは出版社としては誇りであろう筈である。

    しかし講談社は誇りというものがないのだろおうか?週刊現代ではしした氏を持ち上げていた出版社である。彼が引退表明したのに、それにぶら下がろうとする屑ども(キャリアアップの為に政治家になった)のなんと浅ましいことか? 浪速のエリカ様は現代の政治家の最低なものではなくして標準にすぎない。おもしろ半分に政治を利用した講談社の責任は重い。

    週刊現代はエロで売ることでも知られている。それで儲けた分をこの書物の復刊に廻すことなど造作も無いであろう。 (2015/10/26)
    GOOD!3
  • 私も蔵書してますが、後学の方々のために本書の復刊を望みます。長尾先生の多くの業績の中で金字塔的な書籍です。宇井伯寿博士の『摂大乗論研究』は、真諦三蔵訳偏重ですので唯識思想の理解には、まずはチベット訳を定本とした長尾先生訳をしっかりと読み込むべきと思います。 (2010/04/05)
    GOOD!3
  • 仏教思想に興味を持ちました。中でも、中観と唯識の論争に関心があって、唯識論の本もぼつぼつ集め読んでおります。インド古典叢書の中でも、本書および「宝性論」の講談社学術文庫での復刊を強く希望します。ぜひご検討下さい。 (2014/03/08)
    GOOD!2
  • 唯識論を原典から学びたいと考えています。理解できるかどうかわかりませんが、一度読んでみたいです。 (2021/04/13)
    GOOD!0
  • じっくりと時間をかけて読みたいです。図書館利用だけでは限界です。ぜひ復刊をお願いします。 (2021/03/31)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2012/03/20
    『摂大乗論 和訳と注解 上・下』が10票に到達しました。

  • 2008/04/16
    『摂大乗論 和訳と注解 上・下』(長尾雅人)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!