1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『文研の名作ミステリー(ディクスン・カー他)』 投票ページ

文研の名作ミステリー

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1巻『ろう人形館の殺人』ディクスン・カー/常盤新平
2巻『ABC殺人事件』アガサ・クリスティ/各務三郎
3巻『黄色い部屋の秘密』ガストン・ルルー/榊原晃三
4巻『Yの悲劇』エラリー・クイーン/内田庶
5巻『マルタの鷹』ダシール・ハメット/福島正実 
6巻『黒衣の花嫁』ウィリアム・アイリッシュ/亀山竜樹
7巻『英仏海峡のなぞ』F・W・クロフツ/中尾明
8巻『水晶のせん』モーリス・ルブラン/長島良三
9巻『ある死刑囚の首』ジョルジュ・シムノン/矢野浩三郎
10巻『バスカビルの魔の犬』コナン・ドイル/白木茂

投票コメント

小学生の頃に「ろう人形館の殺人」を夢中になって読みました。子供にとって、怪しくて怖いものは鮮明に記憶に残ります。今もわたしが、ミステリー小説が好きなのは、子供の頃にこういったものを読んだからかな?とも思ってます。 自分の子供にも、本好きになってほしいのでわたしは少し怖い要素のある不思議かつ怪しい本をよく与えます。このシリーズもぜひ、そのひとつに加えたいです。 (2011/02/24)

2

「ABC」や「バスカヴィル家」は児童書も大人版も読んだことがありますが、「ろう人形館の殺人」はどちらの版も未読のうえなかなか手にすることができません。 大人版も欲しいところですが児童書も結構面白い作品が多く、このラインナップが復刊されるなら全巻購入したい、いや購入します。 翻訳者も良い方が揃っているので、初めてミステリーに触れた子供の頃の感激やドキドキ感、また懐かしさみたいなものが味わえるかもしれないので、是非復刊して欲しいです。 (2011/01/24)

2

小学校の図書室で借りた「黒衣の花嫁」の挿し絵がたまらなく好きでした。ぜひ手元に置きたいです。 (2013/08/26)

1

小学校の図書室に置いてあり、このシリーズのABC殺人事件、Yの悲劇、バスカビィル家の犬を読んだときから、私の海外ミステリー好きは始まりました。 自分でも読みたいし、自分の子どもにも読ませたいです。 (2013/03/09)

1

「ろう人形館の殺人」、文庫版の方よりも読みやすい訳になっていたのを覚えており、もう一度読みたいと思ったのですが、どこの古書取扱店(ネット含む)を見ても見つからず、大変ショックを受けています。 一度は諦めようと思ったのですが、やはりとても気になるので、ぜひ復刊をお願いしたいです。 (2010/04/12)

1

もっと見る

新着投票コメント

推理小説に興味を持ち出した小学生5~6年生の頃、学校の図書室に有った本です。 学校から借りて来て読むだけでは物足らず、両親にクリスマスプレゼントとして購入してもらったのですが、「黒衣の花嫁,ABC殺人事件,バスカヴィルの魔の犬」など数冊は、購入しないままでした。 これらの本を図書室から借りて読まず、クリスマスプレゼントからも外してしまった事を後悔しています。 特に姉から『黒衣の花嫁は、あんまり面白くなかったよ…』と言われて読まずしまいだった本の為、どうしても昔の形式の本で大人になった今「じっくり読んでみたい…」と思い、今回【復刊リクエスト】に投票させていただきました。 (2015/08/01)

2

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 黄色い部屋の秘密 新訳版

    黄色い部屋の秘密 新訳版

    在庫僅少

    【著者】ガストン・ルルー 著 / 高野優 監訳 / 竹若理衣 訳
    【発送】3~6日後

    完全密室から の犯人消失。これぞ密室ミステリの嚆矢。少年探偵の名推理を最新訳でおくる。 ▼こちらもチェック! ◎『...

    1,058 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/09/16
『黄色い部屋の秘密 新訳版』復刊決定!
2008/02/22
『文研の名作ミステリー』(ディクスン・カー他)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

TOPへ戻る