復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

戦争入門-クラウゼヴィッツ「戦争論」の読み方




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 粕三平/長谷川龍生
出版社 平凡社
ジャンル 専門書
登録日 2005/08/01
リクエストNo. 30037

リクエスト内容

現代社会を永続的な戦争状況ととらえる著者達が、人が戦いあうことについての古典的名著、クラウゼヴィッツ『戦争論』を、個人個人が生きのびる為のマニュアルとして読み直した名著。ネット社会を迎えた現在、ますます重要性が増している傑作。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 「はじめに」より引用する。

    わたしたちは(略)、打ち砕くべき悪しき現代の特徴を、つぎのようにいくつかの要素に腑分けしてみた。
    まず流動性と変化を悪用しての無責任な捏造(ねつぞう)のたれ流し。
    つぎには、はっきりとした筋書きが消えうせたノンイヴェント(無力な非パフォーマンスの氾濫)。すべてのモノや、あらゆるコトがいともたやすくイヴェント(パフォーマンス)になることができるために、かえってイヴェント(パフォーマンス)の衝撃力を失ってしまうあり方。
    そして断片化。丸ごとの存在の消失のゆえの、意味のない単なる事実のつらなり。
    仲間ばなれや、場所ばなれの放置。
    おしつけを感じさせない巧妙なおしつけ。
    非連想化の語呂合わせゲーム。
    類型化した空想の単純な外化(つじつまあわせ)

    …これらに明らかに当てはまる出来事に、ネット上、現実を問わずで遭遇した覚えが。誰しもあるのではなかろうか。これらに対処する最良のツールとして、『戦争論』が読み解かれる。
    明確な左派である著者の政治的立場は脇に置き、この本は誰もが読まねばならない。必読の一著である。 (2005/08/01)
    GOOD!1

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2005/08/01
    『戦争入門-クラウゼヴィッツ「戦争論」の読み方』(粕三平/長谷川龍生)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!