1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『アリスの絵本(高橋康也編)』 投票ページ

アリスの絵本

  • 著者:高橋康也編
  • 出版社:牧神社
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2005/07/30
  • 復刊リクエスト番号:30010

得票数
29票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

錚々たるクリエイターによる「不思議の国のアリス」のワンダー・マップ。A5判箱入り、1973年出版当時の価格は2000円。

【アリス画廊】(図版)※はカラー
野中ユリ(表紙) 瀧口修造(コラージュ※) 横尾龍彦(水彩※) 藤野級井(油彩※) 谷川晃一(コラージュ※) 四谷シモン(人形:撮影は沢渡朔※) ピーター・ブレイク(シルクプリント※) クロヴィス・トルイュ(油彩※) ペーター・クリッチ(グワッシュ※) 植草甚一(コラージュ) 山中正二(鉛筆画) 井上疇(ペン画) 鈴木康司(油彩) 沢渡朔(写真) ロマーナ・クリッチ(エッチング) 建石修志(鉛筆画) 渡辺逸郎(エッチング) 杉本典已(ポスターカラー) 浜口行雄(木版画)

【アリス工房 】(テキスト)
吉岡実「アリス狩り」 瀧口修造「手遅れナンセンス!」 田村隆一「卵が割れたら」 谷川俊太郎「私の家への道順の推敲」 光田亜利夫「アリス狩り」 澁澤龍彦「アリス あるいはナルシシストの心のレンズ」 塚本邦雄「眞晝の月光」 日影丈吉「車道のアリス」 堀内誠一「アリスの密室・のびちぢみする鉄の処女」 天沢退二郎「アリス」 森茉莉「私の中のアリスの世界」 四谷シモン「鑿と少女」 中田耕治「アリス、アリス、アリスのマリス」

【アリス言語学】(ワンダー語究明)
もう一つの楽園 もう一つの喪失 ハンプティ・ダンプティのために(高橋康也)

【アリス詩抄】(詩と注解)
(高橋康也編訳)『鰐の目に涙 完璧な裁判 空飛ぶ円盆 老年の英知 代名詞の迷宮 幻語幻獣図絵』

【アリス肖像考】(アリス狩りの記録再見)
種村季弘「アリスの肖像画たち」 八田平也「実録アリス」 アレン・テイト「恍惚の人アリス」 W.H.オーデン「模範的アリス」 ルイ・アラゴン「政治的アリス」 マーティン・グローチャン「精神分析的アリス」 トマス・フェンシュ「サイケデリック・アリス」 アリス写真館:池上顕「カメラとキャロル」

【アリス幻獣辞典】(幻獣の絵解き人名録)
a handbook of imaginationary beings in Alice(高橋康也監修 清水豊子 矢島直子)

【初期雑誌・人形劇】
アン・ヘリング「アリスの原像を探って」

書誌:高橋康也編

あとがき:高橋康也・種村季弘

投票コメント

澁澤龍彦さんの大ファンです。また、「不思議の国のアリス」の世界そのものに大変思い入れがあり、この2組の絶妙な組み合わせで、内容も、澁澤組といえる豪華メンバーがそろっているものとして、見逃せません。是非、復刊を希望します。 (2009/10/12)

1

ヨーロッパ以外の国としては類例を見ない充実ぶり、かつ冒険的な内容と執筆陣で、これは復刊せねば出版社としての見識を問われる見本のような、すばらしいだけでは全くことば足らずのファンタスティックな本と思われます。 このような優れた本が入手不可ということこそ、出版界の憂うべき問題と捉えるべきです。 (2005/08/22)

1

この本の存在を復刊ドットコムで初めて知りました。ぜひ読んでみたいので復刊を希望します。 (2015/07/07)

0

アリス好きなので気になります! (2013/06/13)

0

この本の存在を知りませんでしたが、あまりに豪華な執筆陣にクラクラです。是非読んでみたい。 (2012/05/09)

0

もっと見る

新着投票コメント

内容が盛りだくさんで気になります! (2015/10/13)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/07/30
『アリスの絵本』(高橋康也編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

TOPへ戻る