復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

18

投票する

妖精物語からSFへ




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 18

著者 ロジェ・カイヨワ
出版社 サンリオ
ジャンル 文芸書
登録日 2002/11/10
リクエストNo. 13233

リクエスト内容

幻想文学のアンソロジーです。編者ロジェ・カイヨワによる同名の序文が幻想文学の定義に関わって有名なものです。

SFの根はどこにあるのか? カイヨワはそれに答えて、妖精物語から怪奇小説を経てSFに至る系譜をたどってみせる。妖精物語が発祥した中世世界では、魔法さえも日常生活の掟となってしまい、なんの驚異ももたらさない。だが現代のように科学的合理精神に支配された恒常的世界観に、一つの亀裂、一つの不可思議をもたらすこと――それも科学自体のもつ曖昧さと矛盾をつきつめていくことによって――現実界を破壊する妖精物語以来もちこされてきた変らぬ人間の聖なるもの、不可能なものへの信頼と希望がSFに現代的な形で復活するのである。
シュルレアリズム運動による幻想的なものの祝祭を潜りぬけてきたカイヨワは、こうして石の断層の描かれた紋様、コノハ蝶やカマキリの擬態、夢の文法から想像力の核を横断する《昼の論理》と《夜の夢》を綜合する百科全書的な対角線の科学を確立したのである。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全18件

  • 株式会社サンリオ刊 サンリオSF文庫 1978年10月20日発行 178頁
    目次 第一部 妖精物語からSFへ -幻想のイメージ-
     第二部 夢の威信と問題   -夢のイメージ-
    第三部 ピュロス王の瑪瑙  -類推のイメージ-
    三好郁朗訳 荒俣宏解説 定価280円
    (文庫裏表紙解説より)「…。シュルレアリズム運動による幻想的なものの祝祭を潜りぬけてきたカイヨワは、(中略)石の断層に描かれた紋様、コノハ蝶やカマキリの擬態、夢の文法から想像力の核を横断する《昼の論理》と《夜の夢》を綜合する百科全書的な対角線の科学を確立したのである。」
    地味な本ですが幻想文学ファンには必読書でしょう。 (2002/11/10)
    GOOD!1
  • 読んでみたい。 (2014/12/17)
    GOOD!0
  • アンソロジーとは知りませんでしたが面白そうですので復刊をお願いします (2010/07/23)
    GOOD!0
  • 幻想文学やSFに関する図式的理解が得られる本が他にあまりないので貴重。またこの本は文庫なので、図書館に行っても、まず置いてない。 (2007/09/15)
    GOOD!0
  • タイトルにひかれました。どちらも好きなので。 (2007/02/15)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2002/11/10
    『妖精物語からSFへ』(ロジェ・カイヨワ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!