復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,750円(税込)

関白秀吉の九州一統

中野等

2,750円(税込)

(本体価格 2,500 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:25ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 中野等
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 320 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642029858

商品内容

関白となった羽柴秀吉は、天皇の権威に依拠しつつ国内「静謐(せいひつ)」の実現を目指し、勢力圏拡張を進める九州の島津攻めを決める。
九州平定戦を含む一連の政治・軍事過程の具体相と、国分け・国割りなどの戦後処理=九州仕置きの実態を詳述。「九州一統」がもたらした領主権力の再編・統合の歴史的意義を、中世末~近世初めの大転換期に位置づける。

▼目次
はじめに
第I部 九州一統への道

--第一章 織田・羽柴政権と九州・西国
 --一 足利義昭と織田信長の対立
 --二 織田家中の覇権争いと九州・西国
 --三 羽柴・毛利同盟の成立と島津家の勢力拡張
--第二章 羽柴政権の九州「停戦令」と「国分け」案
 --一 勅定に基づく九州停戦令
 --二 九州和平と島津家の対応
第II部 九州平定戦の推移
--第一章 中国・四国勢による前哨戦
 --一 中国・四国勢の九州先遣
 --二 島津勢の豊後攻めと戸次川の合戦
--第二章 関白秀吉の「九州御動座」
 --一 秀吉の出陣と島津勢の豊後撤退
 --二 秀吉の九州着陣
 --三 島津勢の敗北
 --四 島津家に対する戦後処理
--第三章 戦後の九州仕置き
 --一 九州国分け
 --二 博多築城・博多町割り
 --三 領主権力の制限といわゆる「伴天連追放令」
 --四 九州国分けの最終段階
第III部 新秩序への反動と体制の再編
--第一章 未完の「九州平定」
 --一 北部九州の騒乱
 --二 一揆・騒擾の沈静化
 --三 肥後検地と小西・加藤領の成立
 --四 続く日向国内の混乱
--第二章 新たなる政治・社会秩序
 --一後陽成天皇の聚楽行幸
 --二 自力救済の否定
 --三 日向国割りの確定
終章 「御朱印」体制の成立
参考文献
あとがき

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!