復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,090円(税込)

鏡の古墳時代

下垣仁志

2,090円(税込)

(本体価格 1,900 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:19ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 下垣仁志
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 304 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642059473

商品内容

弥生・古墳時代の鏡には、巫女の占い道具や神器といったイメージとは隔絶した、強烈な政治的性格があった。
6,000面をこえる出土資料をもとに、鏡背面の図像の意味、配布をつうじた有力者間関係、保有と副葬の意義などから、鏡をめぐる政治力学を平易に解説。
鏡が国家形成にはたした決定的な役割に迫り、倭人にとって鏡とは何だったのかを解き明かす。

▼目次
古鏡をめぐるイメージ -プロローグ
古文献の鏡、考古資料の鏡
--古文献の鏡
--考古資料の鏡
鏡・古墳・国家
--日本古代国家形成論
--権力資源の複合媒体 -古墳と鏡
鏡の意味体系
--宇宙観とイコノロジー
--倭人の図像理解
--鏡の大小
--死者に副える、祈り捧げる
配布される鏡
--同笵鏡論と伝世鏡論
--鏡が動く、社会も動く
--配布の政治性
--鏡の重さ
保有される鏡
--伝世論から保有論へ
--鏡の集団保有と副葬
--骨と鏡
--長期保有鏡と集団の同一性
鏡と国家形成
--〈権力資源の複合媒体〉としての鏡
--鏡が映しだす国家形成
鏡と国家形成 -エピローグ

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!