復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,420円(税込)

呪いの都 平安京 呪詛・呪術・陰陽師

繁田信一

2,420円(税込)

(本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

配送時期:2021/12/中旬

Tポイント:22ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:311票
呪いの都 平安京 呪詛・呪術・陰陽師
著者 繁田信一
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 248 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642071703

商品内容

貴族たちが抱く陰湿な望みをかなえるために、都に暗躍する法師陰陽師。呪いとまじないに生きた彼らは、どのような人々だったのか。
華やかな王朝時代の周縁を暗く彩る、呪いあう平安貴族たち。そのねたみ、おそれ、あこがれを歴史の闇から読み解き、知られることのなかった平安京の裏の姿を明らかにする。新たに「呪禁師」に関する補論を収載する。

▼目次
序章 呪詛を語るもの
呪詛と陰陽師
--御堂関白藤原道長と呪詛
 --落書の告げる呪詛
 --狙われる御堂関白
 --悪霊左府藤原顕光の呪詛
 --儀同三司藤原伊周の呪詛
 --陰陽師の語る王朝時代の呪詛
 --もう一つの陰謀
--政争
--中の呪詛
 --呪詛返し
 --呪詛の時代
 --犯罪としての呪詛
 --呪詛の報い
 --呪詛の担い手
 --呪詛の呪物
 --式神
 --呪詛への対処
 --呪詛と安倍晴明
 --再び呪詛の報い
 --呪詛の予防
--病気・もののけ・呪詛
 --呪詛による病気
 --「物怪」「物気」「邪気」
 --もののけ・験者・霊物
 --卜占・霊物・呪詛
 --呪詛・悪念・生霊
 --もののけ・呪詛・陰陽師
  以下細目略
平安貴族呪術世界
--苦しむ悪霊
--呪文を唱える平安貴族
--王朝物語の中の〈見えない暴力〉
終章 蘆屋道満の実像
補論 呪禁師のいない平安時代

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全310件

  • 平安期の生活に興味があり、ぜひ読んでみたいと思っています。 (2021/11/10)
    GOOD!0
  • 類書無しゆえに。 (2021/10/30)
    GOOD!0
  • この手の、「裏」歴史的な著作は、放っておくと消えてしまったり、逆に急にブームになって「セドリ」が横行することもあります。
    読書家、好事家にちゃんと行き届くように、復刊することが望ましいと思います。 (2021/10/30)
    GOOD!0
  • メルマガで存在を知ってぜひ読んでみたいと思ったので! (2021/10/30)
    GOOD!0
  • 参考文献には登場するが実際問題、現在は読めないので。 (2021/10/29)
    GOOD!0

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!