復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,420円(税込)

境界争いと戦国諜報戦

盛本昌広

2,420円(税込)

(本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

配送時期:2021/06/中旬

Tポイント:22ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 盛本昌広
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 256 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642071642

商品内容

戦国大名・国衆の戦いは、支配領域の「境目(さかいめ)」をめぐって繰り広げられた。
地形・地質の特徴を踏まえ、境目の防衛戦略と築城、境目を脅かす忍び(草)の軍勢のゲリラ戦・諜報活動から、合戦の知られざる特質を見抜く。

▼目次
はじめに -戦国合戦は境目から
I 地形・水系の境目をめぐる攻防
--河川が分ける国の東西
 --分水嶺と水系
 --利根川 -上野国を二分する攻防
 --神通川 -越中国を二分する攻防
 --相模川 -謙信・信玄の小田原攻め
--陸奥国の郡境と国衆の合戦
 --伊達氏と相馬氏の境目
 --蘆名氏の滅亡
 --伊達氏・相馬氏と小田原参陣
 --境目と福島第一原発
--新地=「境目の城」をめぐる戦い
 --多様な意味をもつ「新地」という言葉
--国境と戦国大名の戦い
 --越中と隣国との攻防戦
 --境目の国、越中と飛騨
II 境目を挟んだ戦国諜報戦
--草・乱波・透波の諜報・破壊活動
 --「草」とは何か
 --草の情報合戦
 --草による城の奪取
 --諜報戦の担い手たち
 --「忍び」が果たした役割
終章 地理・地質的視点から見た戦国時代像
あとがき -戦国研究の地域間格差
補論

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!