復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
1,980円(税込)

アクセサリーの考古学 倭と古代朝鮮の交渉史

高田貫太

1,980円(税込)

(本体価格 1,800 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:18ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 高田貫太
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 288 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642059220

商品内容

古墳時代のさなか、日本列島では冠・耳飾り・飾り帯など貴金属のアクセサリーが流行した。新羅(しらぎ)・百済(くだら)・加耶(かや)など朝鮮半島の様々な社会から古代日本の倭へ贈られた品々には、いかなる意図が込められていたのか。
発掘されたアクセサリーを紹介しながら、海を越える個人や集団の細やかなつながりや、それらを身に着けた人びとの群像を生き生きと描く。

▼目次
アクセサリーから読み解く -プロローグ
新羅・百済・大加耶のアクセサリー入門
--垂飾付耳飾り -基本のアイテム
 --新羅
 --百済
 --大加耶
--冠―権威の象徴
 --新羅
 --百済
 --大加耶
--飾り帯 -有力者の間でひろまる
 --新羅
 --百済
 --大加耶
--飾り履 -儀礼と死者のために
--首飾り、腕輪、指輪 -多彩な装い
--アクセサリーが演出するもの
社会をつなぐ -四世紀後半~五世紀前半
--倭の金銀アクセサリーのさきがけ
--新羅と倭の兄弟龍
--新羅から倭へ派遣された高位の人物か
--大加耶の耳飾りに魅せられた人びと
--百済と倭をつなぐ
--倭系古墳に副葬された百済の冠帽と飾り履
交流と葛藤を演出する-五世紀後半
--高句麗の進攻をしめす
--新羅と加耶のはざまで
--新羅と北部九州をつなぐ
--倭のトレンドアクセサリー
--倭王権の外交の一翼を担って
--大加耶と百済のはざまで
緊迫した情勢の中で -六世紀
--キャスティングボードをにぎる
--百済と倭の蜜月な関係をしめす
--贈ったのは百済か新羅か
--朝鮮半島の前方後円墳から出土した「倭」の冠
--大加耶と新羅のひとときの交流
--耳飾りからみた「磐井の乱」
--沖ノ島に奉献された新羅の指輪
--百済と倭の官人が身に着けた耳飾り
アクセサリーがつむぐ -エピローグ

もっと見る

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!