復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,420円(税込)

本能寺の変の首謀者はだれか 信長と光秀、そして斎藤利三

桐野作人

本能寺の変の首謀者はだれか 信長と光秀、そして斎藤利三

2,420円(税込)

(本体価格 2,200 円 + 消費税10%)

配送時期:2020/11/中旬

Tポイント:22ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:48 個

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

得票数:1票
だれが信長を殺したのか 本能寺の変・新たな視点(PHP新書)
著者 桐野作人
出版社 吉川弘文館
判型 四六判
頁数 250 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642071314

商品内容

「ときは今…」を詠んだ謀叛の3日前、まだ信長襲撃を決断していなかった光秀が、なぜ本能寺の変を起こしたのか。
近年重要視される四国説や明智家家老の斎藤利三の実像を探り、謀叛決行の真相に迫った話題の書。

▼目次
はじめに -本能寺の変はどのように論じられてきたか
信長と光秀の天正八年
--信長にとっての天正八年
 --なぜ天正八年なのか
 --大坂本願寺の降伏
 --織田権力による地域権力の圧伏・統合
 --東国大名を服属させつつあった信長
 --対毛利包囲網に組み込まれた大友・島津両氏
 --「公儀」「天下」だけではわからないこと
 --信長の優越を示す「上様」
  以下細目略
--光秀にとっての天正八年
破断への予兆
--本能寺の変までの二年間に何があったか
--信長と光秀と元親
光秀を追いつめた信長の四国国分令
--四国政策から排除された光秀
--信孝登場の背景にあるもの
--雑賀衆の動向と四国問題
本能寺の変の仕掛人、斎藤利三
--明智家と長宗我部家を結ぶ糸
--利三と本能寺の変
「不慮謀叛」ついに決行さる
--政変前夜の出来事について
--政変後の出来事について
終章 本能寺の変とはなんだったのか
補論

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全1件

  • 本能寺の変に興味のある人、また、それらを研究する人にとって必読すべき書籍であるから。 (2014/06/09)
    GOOD!0

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!