1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『食べ物の民俗考古学 木の実と調理道具(名久井文明)』 販売ページ

食べ物の民俗考古学 木の実と調理道具

食べ物の民俗考古学 木の実と調理道具

  • 著者: 名久井文明
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: A5
  • 頁数: 208 頁
  • ISBN: 9784642082044
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2019/09/下旬
  • 在庫数: 在庫なし
  • 価格:予価 4,860 円 (税込)
    (本体価格 4,500 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 45ポイント ポイントについて
  • カートに入れる
  • ※在庫切れのため購入できません
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

木の実の乾燥・備蓄、それを割った石器や「あく抜き」、初期の木製甑(こしき)の使い方など、縄紋時代以降の人びとは食べ物をどのように処理し、利用してきたのか。出土遺物が形成された背景を、これまでの考古学が研究対象にしてこなかった全国各地に残る民俗事例を参照して追究する。
生活道具をテーマにした姉妹篇とともに、「民俗考古学」の地平を広げる。

▼目次
まえがき
食料の乾燥処理、備蓄
--クリの乾燥、備蓄
 --縄紋時代例と現代例を結ぶ「搗栗」
 --クリに針で糸を通し、下げて乾燥させる文化
 --縄紋時代草創期 長野県お宮の森裏遺跡出土のクリ
 --クリの「いが剥き」
  以下細目略
--「どんぐり」の乾燥、備蓄
--トチの乾燥、備蓄
--炉上の乾燥空間利用
木の実を搗いた「搗き台石」
--縄紋時代の石臼
--「搗き台石」の諸態様
--旧石器人が残した小さなサークル―旧石器時代にも在った「搗き台石」
硬い木の実や種を割った石器
--民俗事例に見るクルミの利用
--硬い木の実を割った鉄器以前の石器
「あく」抜き技術の開発史―試論
--四種に分類される民俗事例の「あく抜き」技術
--「あく抜き」技術の起源探究
甑以後のこと
--甑の終焉
--「さな」蒸し
終章 民俗考古学的研究方法
引用文献
あとがき

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/07/05
『食べ物の民俗考古学 木の実と調理道具』(名久井文明)の注文を開始しました。

この商品は現在ご購入いただけません。

風俗・民俗学に関するQ&A

恐らく30年以上前の本のタイトルが知りたいです

現在38歳の私の小学生時代に教室にあった本のタイトルが知りたいです。 以下、記憶の断片を連ねてみます。 30年ほど前(1970〜80年代)に刊行されていたものだと思われます。 当時たく...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る