復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

チベット仏教世界の歴史的研究

石濱裕美子

6,600円(税込)

(本体価格 6,000 円 + 消費税10%)

【送料無料】

配送時期:3~6日後

Tポイント:60ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

販売再開時にメール通知を希望

お気に入りに追加

得票数:102票
チベット仏教世界の歴史的研究
著者 石濱裕美子
出版社 【発行】東方書店【発売】復刊ドットコム
判型 A5判、丸背上製
頁数 396 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784835442464

商品内容

チベットをより深く理解するための一冊。

連日報道が続く、中国・チベット問題。北京オリンピックを控え、今後の動向に世界中が注目しています。

本書は17世紀-18世紀にかけての、チベット、モンゴル、満州らのチベット仏教圏諸国と中国との関係。また当時チベット仏教の影響がいかに大きく、各国間の秩序を保つことに機能していたかを明らかにした一冊。

ダライラマの著作の翻訳も手がける著者の地道な文献研究から生み出された渾身の力作。

チベットとその信仰に興味を持つすべての人にオススメです。

(内容)
序論 チベット仏教世界の王権像の原型
第1章 パクパの仏教思想に基づいたフビライの王権像
第2章 『アルタン=ハン伝』に見る一七世紀モンゴルの歴史認識
第3章 ダライラマ五世の権威確立に菩薩王思想が果した役割
第4章 ダライラマがモンゴル王侯に授与した称号の意味と評価
第5章 『蒙文老〓』中のチベット関連書簡
第6章 チベット語書簡の構造から見た一七世紀の清・チベット・モンゴル関係
第7章 チベット・モンゴル・満洲の政治の場で共有された「仏教政治」思想
第8章 チベット仏教世界から見たガルダン対ハルハ・清朝戦争
第9章 摂政サンゲギャムツォの著作に見るチベットの王権論
第10章 清朝によるチベット平定の実像
第11章 一七八〇年のパンチェンラマ・乾隆帝会見の本質的意義
結論 チベット仏教世界の提示

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

復刊投稿時のコメント

全102件

  • 石濱先生の授業(チベット仏教)10年前に始めて受け、やっとこここまで来ました。ぜひ、読みたい。 (2013/05/19)
    GOOD!0
  • 筆者の論文や目次を見ただけだが、チベット仏教史だけでなく、モンゴル史、中国史においても価値のある一冊だと思う。ぜひ読みたい。 (2011/11/29)
    GOOD!0
  • 石濱裕美子さんのこうした価値ある研究は、しっかりと残していってほしいです。 (2006/03/08)
    GOOD!0
  • 仏教史研究に不可欠 (2006/02/08)
    GOOD!0
  • チベット仏教世界という一つの世界圏を提示した本書は、他の地域、世界圏を研究する学徒にとって重要な示唆を与える。つまり、イスラーム世界、東アジア世界という概念を無批判に使う学者たちに対して、ある世界圏がどのような要素や独自の論理によって成り立っているのかを示す必要がある。それを示す方法論の一つを提示した本書は、広く歴史や地域研究に従事する研究者、学徒に読まれるべきものである。 (2005/07/15)
    GOOD!1

もっと見る

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!