1. TOP
  2. 限定貧さんの公開ページ

限定貧さんのページ

復刊リクエスト投票

カトリックの信仰

カトリックに関する邦語文献のなかで、第一に欲しい文献と薦められたから (2009/12/10)

カトリックの信仰
【著者】岩下壮一/稲垣良典

魔術の歴史

詩人たちが多く指摘しているから (2009/11/22)

魔術の歴史
【著者】エリファス・レヴィ

異神―中世日本の秘教的世界 上下巻

日本の中世話っていうのは網野善彦が非常に詳しい研究をしている。しかし、民俗学的な研究を除けば、基本的に日本の中世を語れる書物は圧倒的に少ない。 これでは、japanism研究に際して、近代化以降のことしか語ることができないだろう。 西洋の影響が未だ多く見られない時期のjapanismについて知るためには、こういった書物の復刊はぜひとも必要である。 (2009/10/08)

異神―中世日本の秘教的世界 上下巻
【著者】山本ひろ子

一般哲学史 全4巻

ヴィンデルバンドの哲学史は、古い! なんたって、もっとも活躍した時代が1890年代である。それから120年ほど経っているのだ。 それならコプルストンの哲学史でもよんでりゃいいじゃない、そういわれるかもしれない。 しかし、日本でまともな哲学史を書かれている方は、基本的にヴィンデルバンドから非常に影響を受けている。波多野精一や桂寿一、原祐などはその典型であろう。 日本では哲学史を書くような人たちには「哲学史を編むことは一つの哲学である」というテーゼが広まっていて、オリジナリティあふれる哲学史が散見される。だが、基本的な哲学史や思想史の系譜がちゃんとした形としてなければ、あまり有効な結果は得られないだろう。そのため、基本的な哲学史を復興するのが急務であると、私は考えられる。 それには、まずこの本の復刊が必要であると思われる。 (2009/10/08)

一般哲学史 全4巻
【著者】ヴィンデルバント著 井上忻治訳

生き方について哲学は何が言えるか

価値哲学系の名著。 さらに、英米系で参照しなくてはならない哲学者の一人であるBernard Williamsの、現状唯一の邦訳書。 価値哲学系の論文では非常に多くの参照をされている文献でありながら、この本を読めないのは、残念である。 ぜひ復刊を! (2009/10/06)

生き方について哲学は何が言えるか
【著者】Williams, Bernard Arthur Owen,  森際, 康友 [モリギワ, ヤストモ] ; 下川, 潔 [シモカワ, キヨシ]

もっと見る

限定貧さん

限定貧さん

プロフィール

[ニックネーム]
限定貧さん

TOPへ戻る