1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『わが名はレジオン(ロジャー・ゼラズニイ)』 投票ページ

わが名はレジオン

  • 著者:ロジャー・ゼラズニイ
  • 出版社:サンリオ
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/04/08
  • 復刊リクエスト番号:8945

得票数
27票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

三話からなる連作。ミステリとハードボイルドを足して割ったような、ゼラズニイらしいスタイリッシュなSFです。

すべての個人的記録がコンピュータで統一管理されている社会――だが、その男は自分のカードを火中に投じ、一切の記録を消して社会の外に存在していた。そのうえ中央データ・バンクに偽の情報を入れ、思い通りに多くの名をもつ男に生れ変っては、私設探偵情報局の仕事をしていた。「〈ルモコ〉前夜」では核爆弾で地震を誘発し、新しく火山島をつくる計画に対する妨害工作を、「クウェルクェッククータイルクェック」ではイルカによる殺人とダイヤの密輸を、そして76年度ヒューゴー、ネピュラ両賞に輝く「ハングマンの帰還」では、探険令令を拒否したあと音信不通となっていた宇宙探査ロボットが、自分を4人の異なったパターンで精神分裂症的に創った4人の設計者に徹底した憎悪を抱き、復讐によってカタルシスを得ようと帰還してくる事件を調査する。ハメットの名なしの探偵オプを思わせるハードボイルド・ミステリとSFを融合させた緊迫の連作長篇。

新着投票コメント

読んでみたい。 (2014/12/17)

0

10代~20代初めに好きだったゼラズニイの作品をまた読んでみたくなった。 (2013/09/25)

0

最近、ゼラズニイの作品を読み好きになりました。是非読みたいです。復刻お願いします。 (2011/11/30)

0

いかにもゼラズニィ独特!そんな印象の強い傑作でした。改めてあの世界観にどっぷりとはまってみたいもんです。 (2009/08/21)

0

面白そうです。ぜひ読んでみたい!! (2008/12/14)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/04/08
『わが名はレジオン』(ロジャー・ゼラズニイ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る