復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

13

投票する

ヘーゲルからニーチェへ(全2巻)

ヘーゲルからニーチェへ(全2巻)

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 13

リクエストに関連する復刊/関連商品をみる

著者 K.レーヴィット (Karl Löwith)/著 柴田治三郎/訳
出版社 岩波書店
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784000020299 9784000020305 9784003369326 9784003369333
登録日 2002/01/16
リクエストNo. 7400

リクエスト内容

1992年発行。
著者はドイツのユダヤ人哲学者。1936~41年にはナチスを逃れて訪日し、東北大学で教鞭をとる。その後アメリカ生活を経て、1952年よりハイデルベルク大学教授。ハイデガーの影響下、歴史主義批判から出発する。主な著作=『ヘーゲルからニーチェへ』『キェルケゴールとニーチェ』『ニーチェの哲学』など多数が邦訳されている。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全12件

  • 社会学、哲学に多大な影響のあるレーヴィットの哲学を理解するためには、どうしてもニーチェを研究する必要がある。ニーチェによってどのような影響を受けたのか。それを知るためにはこの本を復刊するのが最も適正である。 (2009/09/14)
    GOOD!1
  • レーヴィットさんの主著とされるもの。ヘーゲルからニーチェへ至るヨーロッパ思想
    の流れを、ヘーゲルによるキリスト教と市民社会の融和。キルケゴールとマルクスに
    よるヘーゲル的融和の分裂、実践によるその解決。ニーチェによる永劫回帰の自然の
    復活。という内容だったような・・・。
    25年前に2ヶ月かけて読んだが、この程度しか覚えていない。柴田さんの逐語訳
    は、こと美的な感性をもつレーヴィットさんの文章にはぴったり。レーヴィットさん
    は、永遠に変わることのない自然世界とその中で人間(世界)を捉えるべきだと主張
    し、近世以降からハイデガーに至るまでの哲学に含まれる<進歩>、<歴史>、<神
    >の観念を批判し、それらは哲学ではないと断言した。レーヴィットさんは哲学者た
    ちに対して哲学を主張した人で、当時も今も珍しい哲学者であり、重要な哲学者だ。
    日本人は<哲学>という言葉に踊らされることが多いと思う。わけの分からないこと
    を哲学だと思い込む人が多いのではないか。そんなことはないのに。レーヴィットさ
    んの復刊を望むゆえんだ。 (2004/05/10)
    GOOD!1
  • レーヴィットはどれも難解なので、是非日本語で読みたいし、この著作は代表作に当たると思いますから、なんとかして頂きたいと思います。

    ドイツ哲学ですから、ヴァレリーなどより硬いでしょう。が、レーヴィットに限っては、その著書「ヤーコプ・ブルクハルト」が文庫化されていて、興味深かったので、もっと読みたいという感じがあります。 (2003/11/05)
    GOOD!1
  • 木田元の『マッハとニーチェ』に思想史の名著として紹介されており、興味を持った。 (2013/02/05)
    GOOD!0
  • 内容に興味があり (2009/10/14)
    GOOD!0

もっと見る

タイトル 価格 サイト
ヘーゲルからニーチェへ -十九世紀思想における革命的断絶 上 1,584円 アマゾン
ヘーゲルからニーチェへ -十九世紀思想における革命的断絶 下 1,320円 アマゾン
※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

NEWS

  • 2016/02/23
    『ヘーゲルからニーチェへ -十九世紀思想における革命的断絶 下』販売開始しました!

  • 2015/12/15
    『ヘーゲルからニーチェへ -十九世紀思想における革命的断絶 上』販売開始しました!

  • 2002/01/16
    『ヘーゲルからニーチェへ(全2巻)』(K.レーヴィット (Karl Löwith)/著 柴田治三郎/訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!