1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『帰納的関数(廣瀬健)』 投票ページ

帰納的関数

  • 著者:廣瀬健
  • 出版社:共立出版
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2018/11/30
  • ISBNコード:9784320011205
  • 復刊リクエスト番号:67646

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

概要

理工系の数学専攻の学生,計算機・情報処理の院生を対象にした帰納的関数の理論への本格的入門書。

目次

第1章 序論

第2章 帰納的関数と帰納的述語

第3章 不完全性定理

第4章 帰納的関数を定義する形式的体系

第5章 算術的階層

第6章 決定不可能次数

第7章 決定問題―ヒルベルトの第10問題を中心に―

(以上は共立出版のホームページから引用した)

新着投票コメント

Twitterで数学基礎論の専門家の方(@kamo_hiroyasu)が以下のようにコメントして、本書をお勧めしていたので、読みたいと思ったから ------------------------------------------------------------------------------------------- 2016/06/02 計算モデルを導入して、そこでの計算可能性が再帰的関数であることの同値性を示して、計算モデルをコード化して、万能関数を作ったりクリーネ インデックスを作ったりが、迂遠に感じることってあるんですよね。 そういう症状には廣瀬健『帰納的関数』第4章「帰納的関数を定義する形式的体系」が効きます。 (@kamo_hiroyasuのツイートから引用 ) (2018/11/30)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/11/30
『帰納的関数』(廣瀬健)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

科学・技術に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

TOPへ戻る