復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

2

投票する

悪者の文学




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 2

著者 フレデリック・モンテサー
出版社 南雲堂
ジャンル 文芸書
登録日 2001/12/06
リクエストNo. 6763

リクエスト内容

西欧文学におけるピカレスク小説研究の書。スペイン、フランス、イギリス文学等におけるピカレスク小説を詳細にわたり解説。年代順作品一覧などもあり大変良い本だと思います。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全2件

  • 鹿島茂氏の『悪党が行く』が出たので、これを機会に再読してみた。鹿島氏の本が個々の作品のキャラクターに焦点を当てているのに対し、モンテサーのはスペイン17世紀バロック文学から20世紀までの西洋文学の作品を概観している。ラテン文学まで言及しているのは、先見の明というべきだろうか。19世紀以降の小説作品は、圧倒的に女性が中心で、そのせいか『世紀末の新しい女』とか『○○の女性像』などという本はよく見かける。考えれば「男」が光っていたのが、このピカレスク小説群ではないかと思う。よくぞ訳したと思う。渋くて、痛快な「男」がいる文学がもっと語られてもいいと思う(同性愛とかではなく)。最初に推薦した人にも敬意を表します。この本が「復刊ドットコム」に登録されているとは意外というか、嬉しかったです。 (2007/06/28)
    GOOD!1
  • 絶版になっているのがとても残念です。是非復刊をお願いしたいです。 (2001/12/06)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2001/12/06
    『悪者の文学』(フレデリック・モンテサー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!