1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『死の所有 死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学(一ノ瀬正樹)』 投票ページ

死の所有 死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学

  • 著者:一ノ瀬正樹
  • 出版社:東京大学出版会
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/12/25
  • 復刊リクエスト番号:66156

得票数
0票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「人格」「所有」といった近代的な概念が可能にしている“死をめぐる思考”を問い直し、社会制度や宗教文化をふまえた、死生観の深層を探る。

【刊行年】初版2011・最終版2011年
【判型】A5【頁数】416頁
【価格】予価7560円(本体7000円)

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

死の所有 死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学 増補新装版 一ノ瀬正樹
7,560円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/03/28
『死の所有 死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学 増補新装版』復刊決定!

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

犯罪と刑罰に関するQ&A

30年以上前の国語の教科書。死刑と終身刑どっちが残酷か?みたいな話。

教科書に載っていた外国の短編小説なので、それが全文なのかもはっきりしません。 あるお金持ちのパーティで数人が死刑と終身刑のどちらが残酷?という議論になって、ホストのお金持ちは一生閉じ込める終身刑が残酷...

TOPへ戻る