1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『「レズビアン」である、ということ(掛札悠子)』 投票ページ

「レズビアン」である、ということ

  • 著者:掛札悠子
  • 出版社:河出書房新社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/11/15
  • ISBNコード:9784309241340
  • 復刊リクエスト番号:6529

得票数
65票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「レズビアン」の解説や紹介、カミングアウトなど既成書物を超えて、「共生」というキーワードの下、新たな「レズビアン」像を描き出している。家族論・恋愛論などにも触れている。

投票コメント

日本のレズビアンの歴史を考えるうえで非常に重要な本です。 掛札さんは残念ながら、レズビアンの権利運動から遠ざかってしまいましたが、レズビアンアイデンティティの獲得の難しさなど、著者の透徹した洞察は、現在も古びません。 近年出た同種のテーマの本でもかならず参考文献としてあげられるほどです。 どうか、復刊を願います。 (2015/11/01)

1

いま卒論でセクシュアルマイノリティに関して執筆しており、この書籍は大学の図書館で借りました。 レズビアンという存在に対して社会がイメージすることと、本来の彼女たちの姿のギャップが、丁寧に、リアルに描かれています。 異性愛者の方にもぜひ読んでいただきたいと思いますので投票いたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 (2007/12/12)

1

どのようなセクシャリティ、ジェンダーの方にも読んでほしい本です。そうして自分の立場で、受けとめて、考えていただけたら、と思います。この世の中で『女性』であるとはどのようなことか、古い本かもしれませんが、今現在にも通じる(残念ながら通じてしまう)、とてもリアルで真摯な内容です。 (2007/06/12)

1

性別やセクシュアリティに関係なく多くの人に読んでもらいたい本だと思うし、ある時代の記録という点でも、時代にかかわらず自己認識とは何かという点でも、今後生き延びてもらいたい本だから。自分はすでに古本を手に入れたが、復刊されたら「他人に貸し出し用」を買おうかと思う。 (2005/06/11)

1

自分のセクシュアリティと対峙する著者の思いが伝わってくる。 同性愛がひとつの精神的な疾患であるかのように見られている状況はこの本が書かれて12年経った今でも大きな変化は見られていない。 レズビアンはもとより、異性愛の女性にも手にとってほしい本だと感じた。 それは、自らの性(女性)と向き合った著者の学びから得るものが大きいだろうと思うからである。 (2004/08/04)

1

もっと見る

新着投票コメント

同性婚や夫婦別姓等、今でも重要な点がつづられている。 (2018/10/11)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/11/15
『「レズビアン」である、ということ』(掛札悠子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

恋愛に関するQ&A

方々で質問しているがわからない!恋愛小説

方々で質問しているのですがどうしてもわかりません。 (いつ読んだか)三年ほど前、課題として (本の内容としての時代背景)大正から昭和初期…くらいだったような気がします (本のジャンル)小説、恋愛も...

TOPへ戻る