1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『キングとジョーカー(ピーター・ディキンスン)』 投票ページ

キングとジョーカー

  • 著者:ピーター・ディキンスン
  • 出版社:サンリオ
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/11/06
  • ISBNコード:9784594052591
  • 復刊リクエスト番号:6391

得票数
97票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

英国王室一家の朝食中、信じられない事件が起こった。国王ビクターⅡ世のハムが入っているはずの皿からおおいを外すと、王子アルバートのかわいがっているカエルが飛びだしてきたのだ。テーブルからは一枚の紙が落ちてきた。白い紙に赤いバツ3つ、それは宮廷を揺るがすジョーカーの犯行のあかしだった……
ロイヤルファミリーが被害者であり、容疑者であるという驚くべき設定のミステリーに、王女として生きる少女のせつない心の叫びが加わって、魅力たっぷりの小説に仕上がっています。

投票コメント

最近出版された、ザ・ロープメイカーではじめてピーター・ディッキンソンに出会いました。一味も二味も違ったファンタジーで、忘れられない本になりました。ぜひ他の作品も読みたいと思い投票させていただきました。 (2006/08/22)

1

幻の名作。(怪作?) サンリオ版で買って読んだはずですが、大学入学、引越しとかでどこかに行ってしまいました。 瀬戸川さんのいう、奇想の系譜の典型と思います。 本筋とは関係ないけど、とりこさんとは、趣味が合うような気がします、。 (2005/11/30)

1

ディキンスンの作品に興味を持った時には、すでに遅かりし由良ノ助状態。10年くらい前から、機会があるごとに古書店で捜しているのですが…。手に入ったのは『緑色遺伝子』くらい。この機会にぜひ読んでみたいです。 (2004/12/09)

1

小泉喜美子氏の名著「メインディッシュはミステリー」でSFというよりはミステリーの傑作として紹介されていました。そんな本作品を私も是非読んでみたいと思い、一票を投じます。他にもいろいろなミステリガイドに登場している作品ですので、出版社には是非ご検討いただきたいと思います。 (2004/06/20)

1

題名から組み立てはじめたと想像させる、推理小説としては異色の寓話的筋立てにもかかわらず、独特の緻密さをもって仕上げられた完成度の高い作品。ディキンスンほどの作家の、しかも代表作なのだから、誰もが手軽に入手できる環境が整うべき。 (2003/09/22)

1

もっと見る

新着投票コメント

読みたいのにどの書店でも取り扱われていない (2015/11/28)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/11/10
復刊!ピーター・ディキンスン著『キングとジョーカー』
2005/12/13
『キングとジョーカー』が規定数に到達しました。
2001/11/06
『キングとジョーカー』(ピーター・ディキンスン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2006/11/10
「キングとジョーカー」に リクエストを頂いていた方々、おめでとうございます。

扶桑社さんより復刊のご連絡を頂きました。

復刊ドットコムにて絶賛ご購入予約受付中です!



「キングとジョーカー」は、名作が数多いサンリオSF文庫から生まれたピーター・ディキンスンの作品です。古書価格相場が吊りあがっている中、文庫価格でこの名作を読むことが出来る幸せを、ぜひ味わってください!!!






2005/12/13
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

TOPへ戻る