復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

ヨーロッパ古寺巡礼 パリからサンチャゴまで




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

著者 小川国夫
出版社 平凡社
ジャンル 専門書
登録日 2006/06/21
リクエストNo. 34312

リクエスト内容

ヨーロッパの西端スペインのサンティアゴ・デ・コンポステラ。この町はエルサレム、ローマと並ぶ巡礼の地。この町の名の由来は「星の野」から。それは星が示した聖ヤコブの聖骸の地。そして中世の巡礼は、夜空の天の河に導かれて西に向かったといわれる。いま、この巡礼の道をたどってみると、それはまたロマネスクの古寺を周る旅でもあった。

若き日から地中海周辺をはじめとするヨーロッパ諸国に魅せられてきた著者が、パリからスペインまでの古寺を巡り、各地のロマネスク建築に見られる美とその歴史を探るヨーロッパ紀行。渡部雄吉氏による写真も豊富で、現在は世界遺産に登録されている建築なども見ることができる。平凡社カラー新書50として1976年出版。152頁、定価は550円。

オーナー評価★★★★★★★★★★

【目次】

◇カラー版8頁:ロマネスクとの出会い

■サンティアゴ巡礼

◇カラー版32頁:一路南へ
パリ・シャルトル
オルレアン・ヴェズレー
アゼー・ル・リドー付近
ポワティエからアングレーム
ペリギューからコンク
モワサックから西へ

■始点-パリ

■聖なる丘-ヴェズレー

■ロワール河畔-ジェルミニ・デ・プレ、アゼー・ル・リド、キュノー

■怪文書-ポワティエ

■彫刻の秘密-メール、オーネー、サント

■風-アングレーム、ソリニャック

■二組の巡礼-モワサック

◇カラー版24頁:ピレネーを越えて
ハーカからサングエッサ
パンプローナからレオン
サンチャゴ・デ・コスポステーラ(世界遺産)

■ピレネー越え-オロロン・サント・マリー、ハーカ

■橋の町、星の町-プエンテ・ラ・レーナ、エステラ

■奥山の宝-デマンダ山脈、サント・ドミンゴ・デ・シロス

■復元と崩壊-クラビーホ、フロミスタ、サーグン

■健脚の想い出-ピエドラフタ峠、ルーゴ

■さいはての大聖堂-サンティアゴ・デ・コスポステラ

■コラム:ロマネスクの栞(伊藤誠彦)

■地名索引

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • 今でこそサンティアゴ巡礼は多くの人に知られるようになり、世俗化してしいましたが、この本が出版された頃の道の様相を知りたいと思います。 (2010/09/01)
    GOOD!0
  • この夏サンチャゴ巡礼路を歩きたいと思っているのですが、「パリから(車ではなく)徒歩で」の参考文献が見当たりませんので。 (2007/01/12)
    GOOD!0
  • 世界遺産ガイドは多数ありますが、本書のようにきちんと歴史を踏まえた本は案外少ないので、ぜひ復刊して欲しい。写真も貴重。復刊の際は写真製版を向上させて欲しい。 (2006/06/21)
    GOOD!0

NEWS

  • 2006/06/21
    『ヨーロッパ古寺巡礼 パリからサンチャゴまで』(小川国夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!