1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『新星十人―現代短歌ニューウェイブ(荻原裕幸 水原紫苑 米川千嘉子 紀野恵 辰巳泰子 穂...』 投票ページ

新星十人―現代短歌ニューウェイブ

  • 著者:荻原裕幸 水原紫苑 米川千嘉子 紀野恵 辰巳泰子 穂村弘 吉川宏志 加藤治郎 坂井修一 林あまり
  • 出版社:立風書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/02/14
  • ISBNコード:9784651600680
  • 復刊リクエスト番号:32643

得票数
39票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

いま新世代の短歌が面白い! 二十一世紀に向かって時代をきりひらく新鋭歌人の『新風十人』書下ろし作品三十首+自選作品百首+書下ろしエッセイ。1998年5月発行。

参加歌人:

荻原裕幸
加藤治郎
紀野恵
坂井修一
辰巳泰子
林あまり
穂村弘
水原紫苑
古川宏志
米川千嘉子

投票コメント

わたしは今ごーふる・たうんというネットで短歌の方たちも沢山いらっしゃるところに毎日顔を出して短歌を勉強中です ネットで教えていただいた携帯短歌から入り評判の本を伺って買うのが楽しみになっております 今回もこの本をネットで薦められ是非手にしたいと思いました どうぞ宜しくお願い申しあげます 川柳雅号      小島百惠 短歌雅号(まだ予定)小島未留久 本名        小島安惠 でした。 (2006/02/16)

1

絶版にしておくにはあまりに惜しいです。 現代短歌を読み始めた頃に、このアンソロジーと出会えて、とても良かったと思っています。 そういえば1999年の第4回寺山修司短歌賞は加藤治郎さんの『昏睡のパラダイス』でしたが、「昏睡のパラダイス」の歌はこの本の書き下ろし30首が初出です。 (2006/02/15)

1

素晴らしい短歌のアンソロジー。 現代短歌を担いはじめている方々の、ある時期の勢いが感じられます。 ねじめ正一さん、小林恭二さんといった方々の解説もあり、オーラと情熱に溢れた本です。 図書館でなんとか読むことができましたが、本当はぜひ手元に置きたい。 どうか復刊されますように。 (2006/02/14)

1

短歌をはじめたばかりのころ、この本を図書館でみつけて衝撃を受けました。いまや現代短歌のリーダーである歌人十人の原点ともいえる作品を一堂にあつめた一冊。現代短歌のエッセンスをびんびん感じることができる、とにかくすごい本です。 (2006/02/14)

1

これだけの歌人が集うアンソロジーを絶版のまま放っておけません。 1998年に出版されたとはいえ、現代短歌の最前線です。 歌集は一部の例外を除き、非常に手に入りにくいもの。 こういう本が読まれなくなると、短歌が滅びてしまうんじゃないかとさえ思います。 歌人に限らず、一人でも多くの方に読まれるべきアンソロジーです。 復刊リクエスト投票、よろしくお願いいたします。 (2006/02/14)

1

もっと見る

新着投票コメント

現代短歌の勉強がしたいと思い『現代短歌の鑑賞101』を読んでいたところ、解説部分で『新星十人』が紹介されていました。 今を時めく歌人たちの作品やエッセイがおさめられている本作品がどうしても読みたくなりインターネットで検索すると、もう絶版になっているとのこと。古本でも安いもので5000円くらいから。高いものだと50000円もします。初版が1998年なので仕方がないとも思うし、それに5000円出してもいいとも思うけれど、でももう少し安価な価格だったら短歌に興味を持つ人たちが気軽に手に取ることができるのに、と残念です。ぜひ復刊を希望します。 (2012/12/30)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/02/14
『新星十人―現代短歌ニューウェイブ』(荻原裕幸 水原紫苑 米川千嘉子 紀野恵 辰巳泰子 穂村弘 吉川宏志 加藤治郎 坂井修一 林あまり)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

エッセイに関するQ&A

白黒の写真のページが時々出てくるエッセイ本

4年ほど前に娘が大学に入学し上京した時、立川駅のお洒落な本屋さんで買って読みました。女性向けという感じ。表紙やタイトルは覚えていないのです。わりと薄い文庫本でした。 かすかな記憶しか無いのですが、...

TOPへ戻る