復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

7

投票する

色彩の魔術

色彩の魔術

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 7

著者 ヘルマン・ヘッセ著 フォルカー・ミヒェルス編 岡田朝雄訳
出版社 岩波書店
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784002600918
登録日 2005/09/21
リクエストNo. 30787

リクエスト内容

逆境のさなか、40歳の時に絵を描き始めたヘルマン・ヘッセ。絵を描くことは彼にとって人生の危機を乗り切り、魂の安息を得るための積極的な瞑想法となった。ロマン・ロランが「果物のようにみずみずしく、花のように優雅です」と讃えたヘッセの水彩画。20枚の絵を伴奏として、自然が織りなす色彩の魅惑と写生の悦楽を謳いあげた詩文集。 1992年出版。
オーナー評価★★★★★★★★★☆

【目次】
色彩の魔術 南国からの冬の手紙 水彩画 画家の喜び トルコ赤を使わずに 絵を描く喜び絵を描く苦労 『晩夏の花』から 画家、谷間の工場を描く 隣人マーリオ 『書物机でのひととき』から アトリエの老画家 絵を描くことは素晴らしい―手紙とエッセイからのモザイク 4月の夜に記す

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全7件

  • 1995年から翌年にかけて、神奈川県立近代美術館(鎌倉市)ほかで、『知られざるヘルマン・ヘッセの世界』という展覧会が行われ、ヘッセの水彩作品が、一同に会しました。
    ヘッセの絵画作品には、まだ、知られていない部分が多いと思うので。 (2005/10/06)
    GOOD!1
  • 『庭仕事の愉しみ』と同様、これ程ヘッセの素顔が見える作品はないと思う。 (2006/09/09)
    GOOD!0
  • ヘッセの著作が絶版という事自体、おかしいと思います。 (2006/05/19)
    GOOD!0
  • 読んだことないです。ぜひ。 (2006/04/11)
    GOOD!0
  • すき (2005/11/25)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2005/09/21
    『色彩の魔術』(ヘルマン・ヘッセ著 フォルカー・ミヒェルス編 岡田朝雄訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!