復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

24

投票する

現代科学における数学概説

現代科学における数学概説

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 24

著者 後藤憲一
出版社 共立出版
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784320012998
登録日 2005/04/09
リクエストNo. 28645

リクエスト内容

これは本のタイトルの通り現代科学における数学をおそろしいくらいコンパクトにまとめたもので持っていると便利な本だと思います.物理の学生や研究者で後藤憲一先生を知らない人はいないでしょう.あの詳解物理・応用数学演習にも参考文献として紹介されています.

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全24件

  • かなり高度な物理数学についても概観が合計2冊でできるのは、専門外の人間にとっても非常に便利です。また、歴史的な知識など、ところどころに入っている挿話的な記事は非常に有益です。他に類書はないと思われるので、ぜひ復刊を希望します。 (2011/09/19)
    GOOD!1
  • 大学図書館で読みました。教科書ではなくレファレンスですが、最大の特徴はせいぜい2分冊でありながら物理数学に関連する幅広い内容を薄っぺらになり過ぎずにまっとうにカバーしている点で、類書はあまりないと思います。ロングセラーである詳解演習応用数学(共立出版)と連動しており、手元に置いて参照するのに非常に便利だという印象です。 (2011/07/23)
    GOOD!1
  • 数学学科以外の理工系の学生が数学を勉強したい時、数学学科の学生向けの本では内容が高度過ぎ、分量も多くて時間対効果が非常に悪くなります。かといってよくある工学用の応用数学の本では数学的厳密性を全く無視しており消化不良を起こしてしまいます。この二つの問題を解決した画期的な本が本書です。物理学、応用工学に必要十分な数学の知識を驚くべき簡潔さでなお且つ数学的厳密性を高度に保ったまま提供してくれるとんでもなく優れた本です。Ⅰ巻、Ⅱ巻の分冊になっているのですが、Ⅰだけでもちまたに出版されている応用数学の本100冊分ぐらいの価値があります。ぜひ復刻を。 (2008/02/16)
    GOOD!1
  • m

    m

    この本はまえがきにあるように
    「非数学者の名において、非数学者のための、非数学者による数学概説」
    という態度で執筆されてある。
    そして概説とはあるが巷に溢れるすけすけの概説ではない。
    ふと調べたいと思った時、あるのとないのとでは大きな違いが出る本。
    ぜひ復刊されて座右の書としたい。 (2008/01/11)
    GOOD!1
  • 本書は2分冊構成で「数学を駆使して科学に携わろうとする者がさしあたって使わなければならないものから始め、次第に近代的な方法へ進む」、「新しい分野に入っていこうとする場合、まず本書によって基礎的なイメージを獲得しておけば、必要により数学専門書にすすむ」(まえがきより)ことが出来る。
    数学概説I 昭和56年3月25日初版発行 480頁 定価4017円
    第1章 解析の基礎/第2章 線形代数/第3章 場の解析/第4章 複素関数/第5章 直交関数系/第6章 積分変換/第7章 常微分方程式/第8章 編微分方程式/第9章 Green関数他/第10章 積分方程式/第11章 変分法/第12章 非線形問題
    数学概説II
    第13章 Riemann空間とその拡張/第14章 群とその表現/第15章 Hillbert空間その他/第16章 多変数解析関数、超関数他
    IIを買い逃した。残念! (2005/04/09)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2005/04/09
    『現代科学における数学概説』(後藤憲一)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!