1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『遥かなる声(加藤楸邨)』 投票ページ

遥かなる声

  • 著者:加藤楸邨
  • 出版社:読売新聞社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/02/10
  • ISBNコード:9784643900965
  • 復刊リクエスト番号:27939

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

俳人、加藤楸邨氏(1905-1993)の随筆集。1990年出版

オーナー評価★★★★★★★☆☆☆
【目次】
<山椒魚と蟇>
魚の顔 黄河で見た鯉 蟇のこと 五葉の松

<頬杖>
私の初座敷 かりん 頬杖 茶立虫 三尺ばかりなる桜 紅粉の花 紅梅 冬萌 目の記憶 山繭 はるかなるもの 泣き寝 親と子 父の本棚

<冬欅>
木登りの木 冬欅 ガラス箱 達谷山房 勘助渡し 芋との対話 校歌 吹越の来る空 橇の鈴 口について

<俳句遠近>
俳句以前 短歌残簡 俳句の出発について 「寒雷」のころ 古ぼけた自転車 古利根川のほとり 古利根のころ 「颱風眼」のころ 選というもの 生きている時間のなかで

<人間の記>
亡き二人 懐手 水原秋桜子先生を悼む 眼中雪 色紙供養 那智滝のけぶる 茶杓と抵抗 菊地鳥江のこと 楽のごと―高村光太郎山荘を再訪して 或る訪問

<さまざまな旅>
九品佛から等々力渓谷へ 隠岐ふたたびの記 陽炎のなかで 私と山刀伐峠 良寛の荒海 沙漠の茶

新着投票コメント

残念なことに、加藤楸邨氏の著作は現在殆ど絶版。美術愛好家、名文家としても有名だった氏の「ひぐらし硯」と並ぶ珠玉の名随筆。 (2005/02/10)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/02/10
『遥かなる声』(加藤楸邨)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る