復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

8

投票する

ウィガン波止場への道

ウィガン波止場への道

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 8

著者 ジョージ・オーウェル
出版社 筑摩書房
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784480082817
登録日 2004/08/26
リクエストNo. 25684

リクエスト内容

一九三〇年代、大不況下のイギリス北部炭鉱地帯に入り、労働者の生活を共感をこめて活写、自ら社会主義への支持を表明したルポルタージュ。

イングランド北部の炭鉱町ウィガン。1936年、オーウェルがこの労働者の町を訪れたとき、不景気と失業がひろがっていた。炭鉱夫たちと生活をともにしながらオーウェルは、彼らの顔貌を独特な身体感覚のもと丹念に書きとめていく。ここは、中産階級下層の彼の階級意識が決定的に試される場所となった。たとえば、「労働者階級には悪臭がする」。社会主義への支持を表明しながら、越えられない階級間の「ガラスの間仕切り」。彼はこの違和感を、あえて率直に表明する。声高に語られるドグマではなく、人間らしい生活、すでに中産階級からは失われてしまった生活様式への愛が、未来を考えるひとつの指標として提示される。20世紀ルポルタージュの嚆矢。

目次
ブルッカー夫妻の下宿屋
炭鉱の奥深く
炭鉱夫の生活実態
住宅状況
失業の本質
失業者の生活実態
工業地帯―北部対南部
階級の対立
階級意識の実態
階級意識―本質と矛盾
社会主義の問題点
私の提案
(以上筑摩書房ホームページより)

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全8件

  • 原書でしか読んだことがありませんが、1930年代当時のイギリス社会やその風俗が非常に詳細に描かれた本。現代のイギリスを知るためにも実に資料的価値が高く、またオーウェルという作家の視座を知るためにも必読の書。 (2008/05/11)
    GOOD!1
  • 読みたいが古書サイトでえらい高値がついている。 (2013/05/29)
    GOOD!0
  • 現代にも通じる貧困の実態が描かれている。特に「失業の本質」に描かれている「安価なぜいたく品」の項目はまさに今の日本のデフレ状態そのもの。ぜひもう一度読みたいし、読んでほしい。絶対面白い。 (2011/11/27)
    GOOD!0
  • 興味があります。 (2010/04/08)
    GOOD!0
  • ぜひ。 (2008/10/24)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2004/08/26
    『ウィガン波止場への道』(ジョージ・オーウェル)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!