1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『星の構造(S.チャンドラセカール)』 投票ページ

星の構造

  • 著者:S.チャンドラセカール
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/11/03
  • 復刊リクエスト番号:2164

得票数
20票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

チャンドラセカール質量でも有名な」ノーベル賞物理学者である著者の
重力と核反応による宇宙における星の進化を詳述した名著である。
原著名は「STELLAR STRUCTURE」である。著者は邦訳はないがベナール
対流の安定性などを述べた「流体(水)力学」、ブラックホールについて微分幾何的に述べた「ブラックホールの数学」でも有名である。

投票コメント

1982年に米国で天体物理学の講義を取った時に、それまで好きでもなかった天文学が一気に好きになったキッカケが本書の理論を学んだことだった。天文学と物理学の橋渡しとして最高にエキサイティングな内容であると信じている。このような名著が世の中から消えてしまうのは余りにも惜しい。 (2011/06/05)

1

数学の歴史におけるインドの役割はきわめて大きいが、われわれ日本人も含めて、いわゆる先進国の人たちは、これを正当に評価していない。 チャンドラセカールはインド人だ。これがすごく重要な点だと思う。 チャンドラセカールもインドの精神の中で生まれた偉大な人物の一人なのだ。 インドの精神は自然科学の世界でも有意義なものであるということを、われわれは襟を正して学びなおすべきだ。 (2002/03/19)

1

宇宙物理学の著書は数々あるが、どれも恒星の進化については現象の 羅列で概論的な話に終始している。進化の理論的な根拠である重力と 核反応についてはそれを恒星の構造とからめて議論した邦書はないだろう。私は原著は古書店で安価で入手したが語学力に自信がないのでよむのに時間がかかりすぎる。ぜひ邦訳で読みたいです。 (2000/11/03)

1

皆さんのレビューを見て、是非読みたくなりました。 (2013/08/03)

0

名著です。 (2008/05/23)

0

もっと見る

新着投票コメント

学生時代に原書を読みました。翻訳も読みたくなりました。 (2016/07/08)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2000/11/03
『星の構造』(S.チャンドラセカール)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

科学・技術に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

TOPへ戻る