1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『超能力部隊(SFこども図書館4)(ロバート・A・ハインライン)』 投票ページ

超能力部隊(SFこども図書館4)

  • 著者:ロバート・A・ハインライン
  • 出版社:岩崎書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2003/05/13
  • ISBNコード:9784265922048
  • 復刊リクエスト番号:16436

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

SF界の巨人R・A・ハインラインの短編「深淵」の、児童向け編訳版です。

超能力を持つ新人類と、超能力を持ってない人々との摩擦を描いた作品……だったような。

一般向け訳は、短編集「失われた遺産」中に収録され、入手可能ですので、気になる方はご確認を。

投票コメント

活字嫌いの私が、活字好きになるきっかけになった本。 新装版として文庫が出ているのは知っていますが、 やっぱり私の中では昔読んだ、あのカバーデザインと挿絵がいいわけで、今時感のある挿絵は「なんか違う」感が強いです。 15年ほど前でさえ、市立図書館数件回ってあるかないかだったので、現在手に取れないとなるとやはり復刊してほしいです。 (2012/07/03)

1

SFこども図書館の中でも、大好きな作品でした。 たくさん読んだはずですが、 内容について少しでも記憶しているのはこの作品だけ。 読んだのは小学生のときで、僕にとって約25年前の記憶。 でも当時のドキドキ感まで覚えています。 これを書きながら涙ぐむほどの懐かしさを感じます。 文字通りの超能力者の話ですが、 子どもながらに登場人物の、 その能力から来る悲哀のようなものを感じました。 正直、結末はよく覚えていません。主人公たちがどうなったの か、読み返したい。 そして、印象的なトランプのシーンを読みたいのです。 (2004/07/04)

1

子供の頃のロマン! 今でも夢がある好きな一作。 ただし! 条件がある。 カバーデザインと挿絵は、初版のとおりにすること。 タイトルを「超人部隊」 とすること。 復刻された他のシリーズの「絵」は嫌い! それから、 箱入りで豪華にしていただきたい。 (2004/02/09)

1

このシリーズ、とても夢中で読みました。能力を開花させるために訓練するシーンが非常に印象に残っているのですが、おそらくこの本だったような……。 (2010/11/05)

0

このシリーズは、あかね書房のラインナップより渋いですよね。。。 (2007/12/15)

0

もっと見る

新着投票コメント

小学校の頃に学校か町の図書館でむさぼり読んでたSF小説の中のひとつ。 バッドエンドだからなのか、とても印象に残っててずっと探していたのに、数年前まではまったく詳細が出て来ないで途方にくれていました。 (2012/08/22)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/05/13
『超能力部隊(SFこども図書館4)』(ロバート・A・ハインライン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

SF小説(海外)に関するQ&A

40年位前に図書館で借りたSF短編集

たしか早川書房のSF叢書の短編集だったと思うのですが、記憶違いで東京創元社だったかもしれません。図書館で借りたので、出版はもっと前だと考えられます。 多分、いろんな作家の短編を収録したものだったと...

TOPへ戻る