1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『可愛い女へ 料理の絵本(鎌倉書房書籍編集部 編)』 投票ページ

可愛い女へ 料理の絵本

  • 著者:鎌倉書房書籍編集部 編
  • 出版社:鎌倉書房
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/01/09
  • ISBNコード:9784308001792 9784308003208
  • 復刊リクエスト番号:14065

得票数
100票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

童話・児童文学を題材にした料理・お菓子の絵本です。
登場する物語は、「小公女」「ガリバー旅行記」「若草物語」「家なき子」「アンの夢の家」「ピノキオ」「ラプンツェル」「ドンキホーテ」。
料理研究家・故入江麻木さんは、「小公女」「若草物語」の31レシピを担当しています。
イラストや写真が豊富で、レシピの紹介も丁寧です。
姉妹本として、「可愛い女(ひと)へ。お菓子の絵本」もあります。


投票コメント

写真が可愛くて、見てるだけで楽しい本でした。赤毛のアンのローストビーフ、「ガリバー旅行記」小人国での1口サイズのカラフルなオードブル、可愛らしくも美味しそうでした。 作ることがないという理由で捨ててしまったことを後悔しています。ぜひ復刊をお願い致します。 (2018/04/12)

1

美しい絵と本格的な料理の写真がマッチした物凄い本でした! 調理手順の写真が細かく丁寧で、休みの日にチャレンジしていました。 その頃スペイン風オムレツやニョッキなど食べさせるお店があまりなく、味の正解は???でしたが( ̄◇ ̄;) テーブルセッティングも物語そのままで、世界各地の食卓に思いを馳せながら読んだものでした。 ぜひ復刊を希望します。 (2013/12/22)

1

「赤毛のアンの手作り絵本」のイラストを手がけた松浦英亜樹さんの書籍を検索していて、この本を知りました。 一度も見たことがないので、是非読みたいです! 松浦英亜樹さんのイラストが入った本は、数少なく、希少です。 是非復刊してください! (2013/05/28)

1

昔、図書館で見つけて以来ずっと忘れられず、探していた本です。素敵な絵と料理を見て、自分も楽しい気分でその料理を作る気になれる本です。物語をイメージした創造性豊かな料理本として、今でもあの本が一番の良書だと思います。販売すれば、どうしても買いたいので、復刊してください。 (2009/09/22)

1

お菓子の絵本は持っていますが、料理の絵本があるとは知りませんでした。今のレシピ本にはないとても素敵な本なので、ぜひこちらも手に入れたいと思います。 「お菓子」の挿絵の画家さんは、確か「アンの手作り絵本」シリーズの方ですが、こちらも同じ方でしょうか? (2009/03/22)

1

もっと見る

新着投票コメント

こちらも、読んでみたいので (2018/11/14)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(2件)

  • 貴重な本です

    夏の海 2014/08/14

    タイトルに「絵本」とあるので、子供向けに思われそうですが、まず第一にしっかりとした料理本です。
    そのうえで、各物語の世界を表現した写真や挿画が素晴らしく、何度読み返したかわかりません。
    ハードルの高いお料理は、刊行当時としては材料をそろえるのも大変でしたが、今ならそれほどでもなく、大好きな物語に登場するお料理を作れる喜びは格別です。
    ぜひとも多くの方に手に取ってほしい本です。
    復刊を強く望みます。

    1

  • 本を持っています

    さっちゃん 2011/10/23

    本を持っていますので、復刊をお願いします。

    1

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/06/17
『可愛い女へ 料理の絵本』が100票に到達しました。
2003/01/09
『可愛い女へ 料理の絵本』(鎌倉書房書籍編集部 編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

絵本さがしています!キーワード:雲の上の男の子 / 鳥 / 海の底に住んでいる女の子

今から20~25年ほど前に、知り合いから頂いた絵本をさがしています。 うろ覚えなためキーワード程度になりますが、 登場人物は、雲の上に住んでいる男の子(王子?)と鳥(つばめ?)と海の底に住ん...

TOPへ戻る