1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『世界の名著45 ショーペンハウアー(A・ショーペンハウアー 西尾幹二責任編集)』 投票ページ

世界の名著45 ショーペンハウアー

得票数
25票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ショーペンハウアーの主著。カントの認識論を現象主義的に徹底させて、世界を表象とみなし、その根本原理は生への盲目的意志であり、人間生活においては意志は絶えず他の意志によって阻まれ、生は同時に苦を意味し、この苦を免れるには意志の滅却・諦観以外にないと説いた。

投票コメント

「意思と表象としての世界」の雑録である「自殺について」や「読書について」は現在も読めるのに(出版社は違うがまあそれは良いとして)、なぜ主著であるはずのこの書が今や手に入れることがほぼ不可能なのか納得がいかない。前述の、現在も出版されているいくつかの雑録を読み、彼のアフォリズムに感銘を受けた者はこの主著に触れたいと思うだろうし、なにより私自身が哲学をしたい、そして学びたいと思ったきっかけが、「意思」や「存在」についての問いからであり、このことと深く関係するであろう彼の「意思と表象としての世界」はぜひ自らの手元に置き読みたい書であるから、復刊を希望する。 (2004/03/11)

1

ショーペンハウアーの主著を読むのに手頃な書物が手に入らない現在です。ショーペンハウアーはフロイトやウィトゲンシュタインなどに大きな影響を与えた哲学者で、近年改めて注目され始めています。復刊の価値が十分にあると思います。 (2003/07/08)

1

ある論文の引用で触れたショーペンハウアーの哲学は非常に魅力 的でした。さぞかし様々な出版物があるのかと思いきや、まと まったものが絶版で入手困難とは信じられないです。ぜひ復刊し て欲しい。本当に、面白い文を書く人なので… (2003/05/28)

1

ショーペンハウアーはあまり知られている哲学科ではありません。しかし、その考察は解りやすく、かつ、奥が深いので読み物として大変面白い物になっています。学生の頃、卒業論文を書くためにこの本と出会い、哲学とはこのように明快に答えることができるという事を知りました。哲学とは何か、という問いを答える際にこの本は欠かせない一冊となるでしょう。 (2003/04/03)

1

ニーチェやフロイトなど多くの思想家に甚大な影響を与えた哲学者ショーペンハウアーの主著であるにも関わらず、入手が困難であるため。 主にニーチェやヘーゲルの周辺としてのみ認知されるショーペンハウアーはあまりに不遇に処されている。復刊されれば必要とする人間、また、関心を抱く人間は少なくないと考える。 (2002/11/21)

1

もっと見る

新着投票コメント

西尾幹二翻訳ののショウペンハウエルの主著。ソ連が崩壊し、ヘーゲルが下火となった今こそ、読むべき書であると思う。 (2011/09/21)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/08/10
『意志と表象としての世界  1』販売開始しました!
2002/11/21
『世界の名著45 ショーペンハウアー』(A・ショーペンハウアー 西尾幹二責任編集)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2004/08/10
交渉情報追加
復刊されますので、お知らせいたします。「中公クラシックス」というシリーズで、順次復刊されます。「世界の名著」と本文は同じで、「中公クラシックス」では3冊に分けました。「世界の名著」と異なる点は、解説部分です。
「中公クラシックス」ではⅠ巻に付く解説部分が新しくなります。
8月10日刊行予定『意志と表象としての世界Ⅰ』ショーペンハウアー著 西尾幹二訳 鎌田康男解説 
9月10日刊行予定『意志と表象としての世界Ⅱ』ショーペンハウアー著 西尾幹二訳
10月10日刊行予定『意志と表象としての世界Ⅲ』ショーペンハウアー著 西尾幹二訳
(交渉先:出版社)

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る