復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

27

投票する

アテレコあれこれ

アテレコあれこれ

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 27

著者 額田やえ子
出版社 ジャパンタイムズ/中央公論社
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784122015883
登録日 2002/09/05
リクエストNo. 11956

リクエスト内容

正式書名はジャパンタイムズ版
『アテレコあれこれ TV映画翻訳作家うちあけ話』
後年に出た中央公論社版
『アテレコあれこれ テレビ映画翻訳の世界』

2002年4月9日に亡くなられた吹替洋画、海外ドラマなどの
訳者、額田やえ子さんが手ずから吹替製作現場の内幕などなどを
書き綴った(らしい。未読なので)本。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全27件

  • 四半世紀ほど前に持っていたのですが、いつの間にか紛失してしまいました。清水俊二氏の著書と額田やえ子氏の著書は日本語と外国語についての示唆に富む名著であり、こういう本を絶えず入手できる状態にしておくことこそ、一国の文化の最低基準だと思います。 (2013/07/29)
    GOOD!2
  • 「ジェシカおばさんの事件簿」「刑事コジャック」「マイアミ・バイス」「ツイン・ピークス」「刑事コロンボ」…「うちのかみさんがね」など、誰でも一つや二つその言い回しをすぐに思い出せる名台詞の生みの親の作者。「こんなに違う訳し方 コジャックとコロンボの場合」(例:「Hold it!」ーコジャックの場合「待て!」ーコロンボの場合「あ、そのまま」)特に読んでみたいので本書の復刊を希望します。 (2012/02/08)
    GOOD!2
  • 名著だと思います。額田さんの吹替え台本の良質さは、作品人気にも影響を与えていると感じています。
    とても軽妙な語り口で、全く旧さを感じさせない内容です。
    今、文化を引き継ぐためにも、復刊が必要な一冊だと痛感します。 (2012/01/26)
    GOOD!2
  • 映像翻訳の勉強をしている者です。額田さんが亡くなった時のニュースで、【「うちのかみさんが・・・」で御馴染みの刑事コロンボの翻訳家】と紹介されていましたが、あれだけ有名な作品を代表作としてお持ちの額田さん。改めてその偉大さを思い知らされました。この本の存在を知りましたが、絶版とのことですので、是非本書を読んでみたく投票します。 (2003/03/17)
    GOOD!2
  • 「刑事コロンボ」デジタルリマスター版を含む、額田氏翻訳の、良質な日本語による海外ドラマの再放送が増えている現在、潜在的なニーズが高まっていると思うから。
    また何より、「洋画吹替」台本作家の本は、これ1冊しかないから。 (2009/02/23)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2002/09/05
    『アテレコあれこれ』(額田やえ子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!