1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『月の狩人~アマゾンで見た私だけの夢~(ジクリト・ホイク)』 投票ページ

月の狩人~アマゾンで見た私だけの夢~

  • 著者:ジクリト・ホイク
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/06/22
  • ISBNコード:9784828812908
  • 復刊リクエスト番号:10777

得票数
8票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

十六歳の少女シェバは、父とカメラマンのジョニーに同行し、未知の部族を求めてアマゾンの奥地へ分け入る。シェバは木彫りのジャガーを買うが、数日後、求める部族の少年マヤクの手の甲にジャガーについていた矢の印と同じ入れ墨を発見する。ジャガーはマヤクの守護霊で、マヤクはシェバたちを部族のもとへ案内することになる。シェバは月の狩人の夢を見る。月の狩人はマヤクで、しかもその姿はルソーの絵にそっくりだった。幻想的雰囲気は、アヤママ鳥の声が聞こえて増々強まっていく。アヤママ鳥が鳴くのは、今度の新月までに一行の誰かが死ぬという予言なのだ。月は日日とかけていく。
一行はマヤクの部落に着く。部族は秘密のべールに包まれていた。マヤクは次第にシェバに心を開き部族の秘密を少しずつ話してくれる。いつしかシェバの心にマヤクへの淡い恋が芽生える。しかし一方で怪しい黒い影や森の魔物を思わせるほえ声など不気味な緊張が高まり、新月の夜、月追いの祭りでアヤママ鳥の予言は真となる。本書はドイツの優れた冒険小説に与えられるフリードリッヒ、ゲルステッカー賞を受賞している。

投票コメント

LCCで海外に気軽に行けるようになったり、意識の高い学生が海外に出かけてNPOやNGOに協力するようになりました。そうしたなか、意識していきたい「眼差し」が、この作品には描かれています。また、欧米や先進国にはない死生観、価値観もこの作品を通して知ることができました。 そういった内容を、説教くさくなく、アマゾンの神秘的な雰囲気と「未知の部族を探しに行く」という冒険の旅に乗せて、16歳の少女の目を通して描いているこの作品は、今だからこそ若い人に読んでもらいたいものです。 (2016/04/17)

2

心をうたれました。先進国といわれる私達の野蛮さを教えてくれた本です。図書館で借りて一度読んだきりなのに、何年たっても忘れることができません。これから大人になっていくたくさんの人達にも読んでもらいたいです。 (2004/02/06)

1

すき (2005/11/25)

0

表紙のあの絵が大変ふさわしいと思います。 (2005/05/22)

0

感動しました。良い本ですよ。こんな良い本が絶版なんて信じられない。 (2003/03/22)

0

もっと見る

新着投票コメント

読んでみたい。 (2016/04/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/06/22
『月の狩人~アマゾンで見た私だけの夢~』(ジクリト・ホイク)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ベネッセコーポレーションに関するQ&A

1968年の中3コースの夏頃の付録小説

ラストのシーンがさわやかで印象に残っている。海辺の崖の上の草原らしい場所で中3の男女二人が遠い海に叫んでいるシーン。

TOPへ戻る