1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『月の狩人~アマゾンで見た私だけの夢~(ジクリト・ホイク)』 投票ページ
  5. 情報提供 二重登録報告

情報提供 二重登録報告

月の狩人~アマゾンで見た私だけの夢~

重複する復刊リクエストを発見されましたら、リクエスト番号をお知らせください。
こちらで詳細を確認し復刊リクエストを統合いたします。
2つのリクエストの一部分が重複するなど、状況が複雑な場合は、詳細・備考欄にその旨お書きください。こちらで都度対応させていただきます。

必須
必須

二重登録されている復刊リクエスト番号(投票ページ記載:半角数字)

次の画面へお進みください。



月の狩人~アマゾンで見た私だけの夢~

  • 著者:ジクリト・ホイク
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/06/22
  • 復刊リクエスト番号:10777

得票数
8票

リクエスト内容

十六歳の少女シェバは、父とカメラマンのジョニーに同行し、未知の部族を求めてアマゾンの奥地へ分け入る。シェバは木彫りのジャガーを買うが、数日後、求める部族の少年マヤクの手の甲にジャガーについていた矢の印と同じ入れ墨を発見する。ジャガーはマヤクの守護霊で、マヤクはシェバたちを部族のもとへ案内することになる。シェバは月の狩人の夢を見る。月の狩人はマヤクで、しかもその姿はルソーの絵にそっくりだった。幻想的雰囲気は、アヤママ鳥の声が聞こえて増々強まっていく。アヤママ鳥が鳴くのは、今度の新月までに一行の誰かが死ぬという予言なのだ。月は日日とかけていく。
一行はマヤクの部落に着く。部族は秘密のべールに包まれていた。マヤクは次第にシェバに心を開き部族の秘密を少しずつ話してくれる。いつしかシェバの心にマヤクへの淡い恋が芽生える。しかし一方で怪しい黒い影や森の魔物を思わせるほえ声など不気味な緊張が高まり、新月の夜、月追いの祭りでアヤママ鳥の予言は真となる。本書はドイツの優れた冒険小説に与えられるフリードリッヒ、ゲルステッカー賞を受賞している。

TOPへ戻る